• アルファの教育理念
  • 小学部
  • 中学部
  • 高校部
  • 個別指導マイウェイ
  • 安心安全通塾制度

生徒の声・合格体験記

パズル選手権を振り返って

                                   puzzle2.JPG

4月4日(日)に行なわれたパズル選手権に参加した子達が作文を書いてくれました。
あっという間に負けてしまって、悔しい思いをした子達も多かったですが、
それぞれがたくさんのことを学んでくれたようで嬉しいです。
 

 僕は、選手権を終えたときに、自分のいざという時の弱さを実感した。個人戦は簡単なところに気づかずにストレート負け。団体戦では1回勝ったものの2回戦でストレート負け。自分は何てバカなんだろうと2度も感じた。同じミスを繰り返すことはダメなことなのに、やってしまった。勉強でも、簡単なところをミスしてしまう。ゆっくりと考えれば大丈夫なはずだった。これからはゆっくりしっかり考えることを課題にしていきたい。

 
      008.JPG                    0017.JPG

 4月4日にパズル選手権がありました。滑川市まで電車で行きました。着いた時は、広いなぁと思いながら会場に入っていきました。私は2回戦目からだったので「負けてはいけない」とすごく緊張しました。でも相手に4つそろえられて負けてしまいました。とても悔しかったけど、その後社長さんと勝負した時は勝てたので嬉しかったです。その社長さんからコインをもらってガチャガチャの景品が当たりました。楽しかったのでまた来年も行ってみたいです。 

 
                031.JPG               0033.JPG 

 パズル選手権では、多くの選手が集まっていました。私は1回戦目からだったので、とても緊張しました。どうしたら勝てるか、どの作戦がいいのか、考えました試合が始まっても、ゆっくりと考えました。相手はかなり強そうだったので、勝てるかどうか不安でした。でも1回戦は勝ち、続く2回戦も勝てました。しかし3回戦目で負けてしまいました。とても悔しかったです。いい体験が出来てよかったです。

 
   040.JPG         0042.JPG       0060.JPG

 私がパズル選手権に出場して思ったことは、富山県全体から来ているたくさんの人たちに比べて、自分はまだまだ実力が足りないなということです。私は1回戦でリーチを2つ作られていることに気づかず、負けてしまいました。練習の時も、本番の時も負けてしまいました。もし、来年、パズル選手権が開催されたら、1回戦は絶対に勝ち抜いて、2回戦、3回戦以上まで、県の人たちと戦えるようにがんばりたいです。 

                      

 私はパズル選手権で立体四目の行事に参加しました。私は初めて知らない人と対戦したのでとても緊張しました。それから、立体四目以外にもたくさんのパズルを体験しました。    私は、知らない人たちと対戦したことがなかったし、すごく緊張していたのに、練習の時には勝てたのでよかったです。こうやって、慣れていない人たちとやるのも大切なことなんだと知りました。はじめてのことがたくさんあったので、私は勉強になりました。

             0241.JPG              1720_20100319183637_11.gif

 私はこの大会の練習で始めて立体四目をしました。練習では負けたり勝ったりしていて、単純なミスが多かったのでじっくり考えようと思っていたのに、結局あまり何も考えないでしてしまいました。大会本番では1回戦で負けてしまいました。敗因はやっぱり単純なミスだったので、来年はもっとよく考えて先を読みながら勝負したいです。

          
            0149.JPG              0177.JPG

 パズル選手権を終えて、結果は個人戦で1回戦負け、団体戦で3位でした。個人戦では、いろいろ狙いすぎて相手の動きを見ることが出来ていませんでした。そこで守りを固めていこうと思いました。団体戦では、個人戦の失敗を活かして、相手の動きをよく見て、予測して、先に動くように心がけました。そうすると上手くいきました。守りと攻めのバランスをよくし、先のことを考えるのが大切だと思いました。

 
           0296.JPG                  100405_1518281.jpg

 僕はパズル選手権はとても楽しめました。僕は団体戦に出ました。1回戦は見事に勝ったけれども、準決勝で負けてしまったのはとても悔しかったです。けれどその後の3位決定戦で勝手見事3位になれたのはとても嬉しかったです。

 
           044.JPG             045.JPG  

 私はパズル選手権に出てみて、「先のことを考えること」を楽しく思うことが出来ました。だから、今回のことを活かして数学や目標を立てることに役立てていきたいと思います。また、試合のはじめと終わりにお互いの健闘を祈ったりする挨拶があって、相手を思いやる気持ちも学ぶことができました。パズル選手権に出てみて、たくさんのことを学ぶことができたのでよかったです。また機会があれば、是非参加したいと思いました。 

 



先取り英語を振り返って

今年も2010年1月から3月まで、小6の先取り英語を実施しました。SC04_16.JPG
アルファベット、ローマ字から始まり、中1の内容まで進めました。
単語テストなど大変な授業にもかかわらず、みんなよく頑張ってくれました。
中学校に入っても英語がますます好きになってくれればいいなと思っています。

 先取り英語を振り返って私は、中学校の英語は思っていたより難しいんだと分かりました。なぜかというと小学校の時にやっていた英語よりも難しい、いろいろな単語を覚えないといけなかったからです。でも単語をたくさん練習し、どんどん覚えていって最初出来なかったところができたりしたときはとってもうれしかったです。                             この先取り英語を受けて、中学校の英語は今まで以上に頑張らないとダメなんだとわかりました。

 

最初、アルファベットをしたときは「簡単!」と思ったが、しばらくしてその言葉はもう出てこない、と思った。春休みが終わるころには、英語を覚えることで頭がいっぱいになった。    単語、文を覚えるのは予想以上に難しかった。やっと頭の中で整理できたと思ったら、また新しいことが出てきた。これはかなりきつかった。だけど、この英語をやって、かなり先に進むことができた。中学校の授業では、これまでやったことをしっかり思い出しながらがんばっていきたい。

 

先取り英語の授業では、単語のテストが難しかったです。だから私は、単語をたくさん練習しました。ネコ(cat)や犬(dog)や公園(park)などたくさんの単語が出てきて大変でした。でも書いているうちにだんだん楽しくなってきました。このままたくさんの単語を練習していきたいです。                                                  中学校で学ぶ文法などをたくさん覚えた時も少し大変でした。でも文法は楽しそうに思えました。これから、だんだん英語が多くなったり難しくなったりするので、今からたくさん頑張っていきたいです。


平成22年度高校合格実績

22.JPGのサムネール画像

          油断するとクラス全体がすぐに騒がしくなる、でもやる時はビシッと集中して
          取り組む、そんな学年でした。
          入試を通して、頑張ることの大切さ、感謝の気持ちなどたくさんのことを感じ、
          それらを力にして全員合格という結果を出してくれたと思います。
          その素直さと明るさを忘れずこれからの高校生活を楽しんでほしいです
。(深井)

平成22年度高校合格実績(朝日校)
 中部高校 普通科 1名
 国立高専 2名
 魚津高校 普通科 3名
 桜井高校 普通科 2名
   滑川高校 普通科 1名
 入善高校 普通科 4名
  泊高校 普通科 7名

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は、夏に志望校を決定し、それに向かって毎日アルファで勉強に励んできました。数学の成績が伸び悩んだ時がありましたが、深井先生が個別でとことん指導してくださり、入試の時には、自信をもって問題に取り組むことができました。他の教科も落ち着いて解けたのは、やはり3年間のアルファでの勉強の積み重ねのおかげだと思います。自身を持つためには、自分に出来ることをすべてやりきることが大切なのだと、身にしみて実感しました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は、高校に合格しました。合格する前までは少し不安だったけど、合格しているのを知ると、とても安心しました。私は高校に合格したからといって浮かれるのではなく、ここからがスタートだと思うのでしっかりと頑張っていきたいと思いました。高校からは義務教育ではないし、赤点などをテストでとってしまうと留年してしまいます。そうなると高校に入った意味がなくなると思うので頑張っていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は高校受験では、いろいろな人たちにお世話になりました。学校の先生や家族、そしてなにより塾の先生たちのおかげで高校受験に対して自信がつきました。その自信のおかげで、受験当日は落ち着いて受けることができ、合格することができました。僕が合格して思ったのは、周りの人たちはとてもあたたかく見守ってくださっていたということです。これからも多くの人に感謝して頑張りたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は3年の最初の模試で、泊高校もギリギリなくらいでした。でも部活が終わって夏休みに少し勉強したら少し成績が上がりました。2学期からは塾で勉強して頑張ったら、桜井高校普通科に合格しました。受かった時、勉強は頑張れば頑張った分だけ確実に伸びるんだと思いました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は、塾を始めてからやっと志望校を決めました。とても頭が悪く、先生を何度も困らせました。毎日必死に塾に通い頑張った結果、合格しました。

 後輩に伝えたいことは、絶対に諦めず、受かってやるという気持ちを常に持つことです。苦手な教科でも少しずつやれば大丈夫です。最後の5ヶ月間は毎日塾に通い、先生方のおかげで合格できたと思います。いつも送迎してくれた親にもありがとうを言いたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は県立高校に合格することができました。僕は、合格したのは、自分の力だとは思っていません。たくさんの人たちが僕を支えてくれたおかげだと思います。その中でもとても大きい存在は僕の親だと思います。僕は親になかなか感謝の気持ちを伝えることができません。今後も親への感謝の気持ちを直接言うことはないかもしれませんが、行動で示し、親への感謝を忘れずに高校でも頑張りたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は、泊高校を受験して、合格することが出来ました。私は泊高校に受かりたいと思い、今まであまりしてこなかった勉強を頑張ってしました。私は泊高校に合格することが出来てとても嬉しく思っています。今まで頑張って勉強してきてよかったと思いました。高校に行っても勉強などを頑張っていきたいと思います。続けて何かをすることは大変なことだけれど、頑張って続けていきたいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 高校を合格して、僕は受験の大変さを知りました。中学1年生の時や2年生の時は、受験のことを甘く見ていたけど、3年生になってその大変さを知りました。1・2年の時に熱心に勉強をしてなかったから、3年の時がとても大変でした。
 受験を終えて思ったことは、1・2年の時から勉強していれば、こんなに大変にならなかったと思うし、高校の選択肢がもっと増えたと思いました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 初めての受験は、あまり実感がないままその日が来たような感じでした。受験に向けて勉強し続けていた時は、とても大変で苦労しました。また、前からしっかりと勉強していればよかったと何度も後悔しました。

 私は、この受験を終えて、まだ多くの時間がある後輩たちにもっと今のうちに勉強すべきだということを伝えたいと思いました。後から後悔するより、今努力し確実に余裕をもって挑んでほしいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は、高校入試を合格してとても嬉しかったです。しかしその嬉しさの中にはたくさんの努力があります。2年生の時は自主学習は1時間ぐらいでした。しかし、3年生になると自主学習は3時間ぐらいするようになりました。僕は入試を終えて思ったことは、努力して損することはない、ということです。後輩には努力してほしいと思います。そして来年、頑張ってほしいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif



平成22年度大学合格実績

22.JPG

                 進路について将来について、そして勉強についてたくさんの話をしてきました。
                 今年は新型インフルエンザや大雪などいろいろな面で大変だった年で、センター
                 試験でも難易度があがり、実力を発揮できずに悔しい思いをした子達が多い年でした。
                 それでもそれぞれの道を納得して進むと決めてくれた子たちです。
        遠くからでもずっと応援していきたいなと思っています。
                 これからの活躍を期待します。(深井)

平成22年度大学合格実績(朝日校)
岐阜大学 新潟医療福祉大学 東京電機大学
日本大学 大阪学院大学 京都産業大学
神戸国際大学

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

私は岐阜大学を第一志望として頑張ってきました。オープンキャンパスに参加してから、それまでよりも一層岐阜大学に合格したいという思いが増し、どんなに勉強が大変でも自分のあこがれの岐阜大学で学んでいる姿を想像すると自然とやる気が出てきて勉強が楽しく感じました。空いている時間はなるべく勉強に費やし、自分の限界がわからなくなるまで勉強しました・・・・・・・・・が、センター試験で大失敗。得意の数学でミスはするし、化学のひっかけには惑わされるしで、いつもの模試よりも85点も低くて絶望的な結果でした。「もう岐阜大学に行けない・・・。行きたい大学がない・・・。」と弱気になっていた時にある先生から「大丈夫!!まだ三回ウラやぞ!!」と言われました。それから私の気持ちは一変し、「落ち込んでいる暇なんてない!!!今さら結果は変わらない。」と思い、今まで以上に猛勉強しました。結果、奇跡の大逆転!! 4.6倍という倍率の壁を破ることができました。

でもこれは決して私だけの力ではありません。一番近くで私を応援し励ましてくれた家族、私のために親身になって勉強を教えてくださった先生方。そして私にとってアルファという存在がとても大きかったです。模試が悪くても、成績が伸びなくてもいつも深井先生に励まされてパワーをもらっていました。受験は体力勝負というのも正しいけれど、精神的な勝負でもあると思います。自分が一番信じれる存在、一番頼れる存在、それが私にとっては深井先生でした。アルファに通っていて本当に良かったと思います。私を支えてくれた家族、友達、親戚一同、学校の先生、そして深井先生と井上先生、みんなに感謝します。ありがとうございました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は中3の夏からアルファに通い始めました。その時は志望校には全然点数が足りていなかったけれど、半年近く一生懸命勉強して志望校に合格することができました。高校に入ってからも私はアルファを続けました。私は高校で部活をやっていたので、家に帰ると疲れてあまり勉強が出来ませんでした。それでもアルファに来て授業を受けたり、自習をしたりして勉強することが出来、番数もそんなに悪くなることがなかったように思います。
 先生は、わからない問題を聞いた時、とてもわかり易く説明してくれたので、学校で習うより理解することができました。また、勉強のことや受験のことで悩んだ時、相談にのってもらったりととても頼りになりました。勉強のこと以外にもたくさん話したのを覚えています。
 私は、一番大変だと思ったのが大学受験でした。最後の最後までずっと大学を迷っていました。でも先生と話していて決心がつきました。志望校とはちょっと違うけれど、大学にいって楽しむことができればそれはそれでいいかなと思うことができました。アルファに来ていなかったらもっとレベルの低い大学だったと思うので、本当にアルファに通っていてよかったです。先生方には大変お世話になりました。感謝しています。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 受験を通してとても多くのことを学ぶことができました。勉強のことも含め、自分がたくさんの人に支えられていることを知ることが出来ました。いたらない自分を励ましてくれる仲間がいました。自分の第一志望に合格するという目標を達成できなかったことは悔しいですが、応援してくれた人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。受験を通して私は「先を前向きにみること」ができるようになりました。÷結果をプラスに考えて次に向けて明るく取り組めるようになりました。これからの生活の中で、自分を支えてくれた人たちに対する感謝の気持ちを忘れずに新たな目標に向かって努力します。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は中学3年からアルファ進学スクールに通っており、大学進学を目指して通い続けました。アルファに通っていて良かったと思うところは、空いている時間にいつでも勉強をするためにくることが出来るということです。学校帰りや休日にも来ることができ、家であまり勉強する気がおきない私にとって大変助かりました。
 私の一番の思い出は年末特訓です。12月30日に12時間ひたすら用意されていたプリント学習をするというものでした。初めて12時間もの時間勉強するとあって、本当に大変だったことを覚えています。それでも休み時間の間に友達と話したり遊んだりしたことが本当に楽しかったです。 

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif



09/10 冬期講習

           fuyu0594.JPG      fuyu0440.JPG        fuyu0063.JPG             

 中1男子

冬期講習で頑張りたかったことは主に英語と数学です。この2つは苦手な教科で、英語では長文、数学では方程式の利用が特に苦手でした。ワークを進めても、やはり苦手なものは難しくて上手くは進みませんでした。しかし、ワークをこなしていったり、先生に聞いたりしていくことで前よりは苦手意識は少なくなった気がします。まだ解くのに時間がかかりすぎることもあるので、もっと練習していこうと思います。

中1女子

私は冬期講習が始まる前、自分が苦手な国語の文章問題と、数学の比例・反比例などの正解率を少しでも高くしようと思い臨みました。実際に講習を終えて、数学の比例・反比例は前よりも理解できたのでよかったです。これからも復習をしていきたいと思っています。国語の文章問題についてはまだまだなので、もっと読書をしたり、より多くの問題を解いて力をつけていきたいです。

中2女子

私は特に国語の文章問題をがんばりたいと思いました。これまでは何となく解いていたのが、講習中に頑張ったことで、きちんと理解して解けるようになったと思います。また、英語の苦手なところも無くすことができました。これからは得意なところを増やしていきたいです。

中3男子

今回の冬期講習は進むスピードが速くて大変でした。ワークもページ数が多くとても大変でした。晦日特訓もあり、今までで1番勉強をした2週間でした。冬期講習は大変でしたが、5教科全部の復習をしっかりすることができてよかったです。たくさん問題を解いてとても自信がついたし、集中力も上がった気がします。とても充実した講習でした。

中3女子

冬期講習の初日、配られたテキストをみて正直ぎょっとした。こんなに厚いのが冬休み中に終わるのかと不安にもなった。しかし冬期講習は限られた時間の中で集中して勉強できたのでテキストも無事に終了した。学習の中で自分の不十分な分野を知ることができ、今後力を入れるべき部分がわかった。この講習で自信がついたところもあるが、まだまだ心配なところもあるので、これからさらに勉強に励んでいきたいと思う。とても中身の濃い毎日であった。

中3女子

fuyu0698.JPG私は、初日にあんな分厚いワークを出されてビックリしました。先生には「冬休み中に仕上げるぞ!」と言われ、ため息ばかりついていました。でも自分の基礎をつくるためには当然しないといけないんだなと思いました。ワークは全然わからない部分もあり、1・2年生の時の授業をしっかり聞いておけばよかったと後悔もしました。でも少しでも基礎ができてよかったです。今は本当に大事な時期なので、しっかり勉強して、絶対に志望校に合格したいです!!!

 



09/10 晦日特訓

 中3男子

fuyu0233.JPG晦日特訓では、自分の苦手なところがわかってよかったと思います。教科の中でも、種類によって内容が違うので、どこが苦手なのか分析表を書いてグラフにしたらすぐにわかりました。今後はそのグラフをもとに苦手なところを勉強したいと思いました。

 中3女子

12時間続けて勉強するのは、自分にとって未知の世界であり、最後までこなせるか不安があった。しかし、実際始めてみると、とても集中できる雰囲気であっという間に時間が経った。充実していたと思う。また、5教科それぞれで自分の不得意な分野を見つけることができ、新たに身につけた知識もあり、今後につながる学習だったと思う。記述問題など、まだまだ力不足な部分があり受験への不安もあるが、今回つかめた自信を手にさらに努力したい。

 中3女子

晦日特訓では、勉強時間も勉強内容をとてもハードでした。プリントの量が多くて、最初は大変そうだなと思いました。でも案外やり始めてみると集中できて、間違った問題もしっかりと見直すことができました。私は晦日特訓を終え、とても長く感じたし大変だったけど、その分しっかりとたくさんのことを身につけることができたと思います。また、年の最後の塾で一生懸命に勉強することができ、とてもよかったと思いました。

 中3男子

僕は晦日特訓を振り返って、12時間も勉強するのはながいな、と思っていました。また1000問も問題があって、やりきることができるかと不安でした。けれど始まってみると時間がすぐに過ぎていきました。僕は7時ころに1000問チャレンジを終えて、自分でも頑張ったなという気持ちになりました。次は家での学習時間も増やしていきたいです。



大学推薦入試合格体験記

fuyu0655.JPG一足先に推薦入試で合格した高3生に合格体験記を書いてもらいました。 haru0235.JPGのサムネール画像 

  入試を通して感じたこと、後輩に向けたアドバイスなど様々な思いがつまっています。

入試を通してまた一つ大きく成長したとしみじみ感じます。

 

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 

私や新潟医療福祉大学の推薦を受けました。指定校推薦だったので集団面接の練習を一生懸命行ないました。面接で一番大切なのは、自分の意見をしっかり持つことと情報を知っていることでした。私は医療技術学部を志望したので、現在の医療に関することを新聞やインターネットなどを使い徹底的に調べました。また、5年間通っているアルファ進学スクールで先生のアドバイスをもらったり、大学で必要な科目を勉強したりしました。                      

面接当日は自分の言いたいことがまとめてあるノートと今まで調べてきた資料を持っていき、面接までの時間に利用しました。面接では最近のニュースで気になることや大学に行きたい理由などを聞かれました。私は、今まで練習してきたことが聞かれたので、自分の意見をしっかり相手に伝えることができました。               

大学に合格した時、私はとても嬉しかったです。アルファで学んだ5年間は私にとってかけがえのないものになりました。今まで頑張ってこられたのはアルファがあったからだと思います。先生の協力もあり自分に少しずつ自信が持てるようになりました。アルファに通えてよかったと思っています。これらからは新たにはじまる大学生活に向けて必要な科目を中心に勉強し、基礎を積み上げていこうと思います。

                                 新潟医療福祉大学 医療技術学部 合格

 


sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 

私は合格するために、小論文と面接をたくさん練習しました。私は小論文が苦手で、最初は上手く書けなかったけど、学校やアルファでたくさん練習し、自信がつくと共にうまく書けるようになりました。上手く書けなかったときは小論文がとても嫌いだったけど、諦めずに頑張って何回も練習すれば誰でもうまく書けるようになるし、嫌いではなくなると思います。

面接の練習は自分の言葉で伝えることが一番難しかったです。自分が思っていることを伝えると言うことは意外と難しく、紙にかいて覚えた言葉をそのまま言っても相手には上手く伝わらないとういことを学びました。試験当日の面接では、練習したことはあまり聞かれなくて焦ったけど、自分の意志をしっかり伝えることはできたと思います。だから、自分のしっかりした意志さえ持っていれば大丈夫だと思います。

私は約6年間、アルファに通いました。やめたいと思ったときもあったけど、夢を実現させるために頑張りました。あの時やめていたら、今の自分はいないと思います。そんな時に支えてくれた深井先生と両親にはとても感謝しています。合格することが出来たのは学校の先生や友達、そして深井先生と両親のおかげだと思っています。この感謝の気持ちを忘れずに大学へいっても頑張りたいと思います。 

                         富山福祉短期大学 看護学部 合格



09夏期講習を振り返って

       SC14_39.JPG     emoji737.gif      


 
7月17日(金)の漢字・計算・単語大会から始まり、約40日間の熱い夏期講習が今年も無事に終了しました。夏期講習で頑張りたいこと・目標を最初にそれぞれが考え、苦手科目・単元の克服に向かって一生懸命頑張っていました。2学期は体育大会、学園祭など行事が多いので忙しくなりますが、この頑張りを忘れず、勉強もしっかりメリハリをもって進めてほしいです。

 

中1女子

夏期講習はいつもよりも学習時間が長く、大変だと思うときもあったけど、勉強をしていると時間がすぐに過ぎていき、楽しく感じる時もありました。勉強に集中して取り組むことができ、苦手を少しでもなくすことができたので満足です。
これからも勉強を楽しく感じながら、苦手をなくしていくことができたらいいと思います。

 中1女子

今年の夏期講習は、中学生になって、より難しくなった勉強を夏休み中に予習・復習をサポートできる、とてもいい体験だったと思います。学校の宿題と、塾と部活を両立させるのは大変でした。でも塾の前には必ずワークをチェックしていたのでスムーズに進めることができたと思います。これからも頑張りたいです。

 中2女子

夏休みに入るときに私は、塾のワークや学校の宿題を早めに仕上げるという目標を立てました。学校の宿題は家や塾で早めに取りかかって、読書感想文・ワークなどを特に頑張りました。塾のワークはただ進めるだけではなく、一生懸命しっかり覚えられるように勉強しました。この頑張りをテストなどに活かしていけるようにしたいです。

 中2男子

僕は夏休みの夏期講習は時間が長いので集中して取り組むのが結構つらかったです。力を入れた教科は数学です。特に連立方程式の利用などが難しかったので、他の教科よりも頑張るようにしました。難しい問題も多少は解けるようになったのでよかったです。

 中3女子

夏期講習を始める際に、大事な3年の夏ということなので今までの復習を完璧にすることを目標とした。夏休みは予想以上に忙しく、課題をこなすのに苦戦したが、頑張ったおかげですごく力がついたと思う。また、これからの課題も見つかったのでますます張り切って勉強に臨みたい。
この夏は、受験を意識した復習ができたので、夏期講習で終わらせずに、こらからもしっかり復習に取り組みたいと思う。

中3男子

夏期講習では、一日の授業時間が長くなったり、合宿があったり、漢字・計算・単語大会などがあったりと、いろいろなことがあり、とても大変でした。
受験勉強は夏休みが重要であると聞いたことがありますが、今年の夏休みは、今までで一番やり切った感のある夏休みでした。もう、自分では半年分くらいは勉強した気がしています。よくやりきることができたなと思います。

中3男子

僕は夏期講習からアルファに入りました。今までの勉強方法ではダメだと思い入りました。最初はとてもきつく、授業のペースがすごく速くついていくのが大変でした。でもなんとかついていけたのでよかったです。夏休み前と比べ、少しずつだけど力がついているのが感じられて、嬉しかったです。
これから頑張りたいことは、今までと同じように塾でも勉強を頑張って、学校でも家でもしっかり勉強していい成績を残したいです。

中3男子

僕の夏期講習の目標は「苦手なところをなくす」でした。僕は各教科に苦手なところがあったので、一つ一つを徹底的に覚えたりして克服していきました。これからの目標は今までやってきたことを復習して覚えることです。苦手なところはなくなったけどまだ応用問題には慣れていないので基本を大切に完璧にしていきたいです。そしてテストでその成果を発揮したいです。

中3女子

私は今まで社会を一番苦手としていました。特に歴史はなかなか流れがつかめなかったりして、毎回まとめテストなどはあまり満足のいく点を取れていませんでした。
しかし、夏期講習を通し、自分なりに頑張って、各教科も一から復習することができ、歴史においては以前よりも頭の中でまとめることができました。ドリルやテストを行なってみて、わかる問題が増えたと感じた時はとても嬉しかったです。

中3男子

僕は夏期講習に入るとき、自分の苦手とする教科を頑張ろうと思っていました。僕はほとんどの教科が苦手だけど、特に数学と理科が苦手なので頑張ろうと思いました。ほとんど毎日、昼と夜に来て、みんなよりも苦手な教科が多い分頑張りました。
最初はとてもイヤだったけど、だんだんなれていき、集中して勉強することができました。2学期からも夏の頑張りを活かして受験に向けてがんばりたいです。

 



楽しく学ぼう!小学生イベント講座

スラスラ作文講座

       小学6年生を対象に、6月20日(土)に第1回「語彙力を増やそう」
                    
8月24日(月)に第2回「読書感想文を書こう」 を実施しました。

夏休みの宿題になる読書感想文を書き上げるために、まずは6月に語彙力をふやすためのことばの勉強、そして、8月にはメインである読書感想文の書き方を勉強しました。「泣いた赤おに」は低学年向けの絵本ですが、大人になっても読めば読むほど奥が深い『友情』を考えさせられます。今回もそれぞれがたくさんのことを考え、しっかり書き上げてくれました。

 

 sakubun.jpg   sakubun1.jpg  sakubun15.jpg   akaoni.jpg



2009 夏期講習 中3夏期合宿

今年も黒部市の『あこや?の』にて8/9(日)8/10(日)の2日間、中3の夏期合宿を行いました。

       09 summer1.jpg      09 summer5.jpg             P1000184.JPG   
 monkey.jpg   P1000194.JPG   P1000196.JPG  P1000237.JPG  P1000234.JPG
   

中3女子
 合宿というと一日中勉強をする苦しいイメージがあったが、実際行ってみると、そこはすごく勉強に集中できる場であった。難しい問題に挑戦したり、基本を振り返ったりと、勉強と真剣に向き合えたと思う。長時間であったが、特に苦にはならず、逆に楽しむことができた。私はこの合宿で、学ぶことの楽しさを改めて感じることができた。また、受験に向けて気を引き締めようという気持ちにもなれた。合宿に参加してよかったと思う。

中3男子
 アルファの合宿では、施設に着いていきなり勉強して、お昼ご飯を食べてまた勉強、晩御飯を食べてまたすぐ勉強なので、とても大変でした。でも2日目のお昼のバーベキューは楽しかったです。たくさん勉強して疲れたけど、力はついたと思います。
 嬉しかったことは、最後の仕上げのテストが良い順位だったことです。表彰されるところまではいかなかったけど、この合宿で学んだことを忘れないでいたいです。

中3男子
 今回の合宿は普段の授業よりもすごくキツく、毎日の生活と比べても時間が経つのがすごく遅く、1日がとても長く感じられました。この合宿では違う教室の人と一緒にやりました。1日半で約12時間くらい勉強しました。2日目にバーベキューが午後からあり、みんなで楽しみました。今回の合宿では違う教室の人たちがとてもレベルが高いことを感じ、もっと頑張ろうと思いました。

中3男子
 合宿を振り返ってみると、とてもハードで疲れたけど楽しかったです。とにかく勉強時間がとても長くて、辛かったです。でも終わったあとの解放感はとても気持ちよかったです。
 2日目の朝は、夜寝るのが遅かったのでとても眠かったです。最初はなかなか勉強に集中できなかったけど、テストの時間が近づくにつれ目が覚めてきました。テストの点数はあまりよくなかったけど、自分なりに満足しています。これからも合宿で学んだことをいかしてがんばりたいです。

中3女子
 2日間の合宿はとても勉強時間が長かったです。私は後半なかなか集中できなくなってとても大変でした。でもそれはみんな同じだと思い、みんなとても頑張っていたので、私も頑張ることができました。休み時間などでは全員で集まって会話をしたり、楽しく過ごすことができました。この合宿では友達と楽しむこともでき、勉強面でも生活面でも充実していたのでよかったと思います。

中3男子
 僕は合宿にいってとても疲れました。朝から夜まで、食事の時以外ずっと勉強しました。やってもやっても次のプリントが渡されました。とても大変でした。今回の合宿で僕は、初めて、1日でこんなにたくさん勉強しました。でもおかげで1・2年生の時の復習がかなり出来たと思います。大変だったけど、やってよかったと思いました。

 



前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

▲ページトップ