• アルファの教育理念
  • 小学部
  • 中学部
  • 高校部
  • 個別指導マイウェイ
  • 安心安全通塾制度

生徒の声・合格体験記

平成24年度高校合格実績

24.png

中学校1年生の時から勉強に対してとても前向きで、
「言われてやる」のではない、「自分のためにやる」勉強をしてくれた子たちでした。
今回は、志望校にとどくかな?挑戦だな!と思った子も多く、
それでも自分の気持ちを貫き通し見事合格してくれた子たちです。
 本当に頼もしい、自慢の子どもたちです!
(深井)

平成24年度高校合格実績(朝日校)
 魚津高校 普通科
 桜井高校 普通科
 桜井高校 生活環境科
 入善高校 普通科
 入善高校 農業科
   泊高校 普通科
 国立高専 電子情報工学科
 

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕はこの受験という大きな壁を乗り越えるにあたって、多くの人を頼って、多くの人に迷惑をかけたと思います。受験というものは人生の中で初めて体験することであり、勉強しなければいけないという焦る気持ちや、勉強ばかりでしんどいな、など色々な気持ちが生まれました。倍率が出た時には、その倍率の高さに驚き、同時にあきらめも頭の中によぎりました。でもその時に、家族や友達、そして塾の先生に応援され、そのおかげで頑張ることができました。今回合格できたのはたくさんの人に助けられたからだと思います。これからは感謝の気持ちを忘れず、今まで以上に夢の実現に向けて頑張っていきたいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は塾に入るまで全くやる気が出ず、あまり勉強していませんでした。しかも塾に入ったときは周りのみんなの頑張りがすごくて、みんなと温度差がかなりあったのを今でも覚えています。私は塾に入ったおかげで受験の大変さや厳しさを感じることができました。それに気づかせてくれた塾生のみんなや高田先生、深井先生にはとても感謝しています。そして、温かく見守ってくれた家族のみんなに「ありがとう」を言いたいです。
 今回の受験を通して学んだことは「早めに勉強を始める大切さ」、「ただ見て覚えるのではなく、書いて覚えること」、そして「苦しいのは自分だけではないことを忘れないこと」です。私は途中まで、自分は受験生だから大変なのは自分だけ、そう思っていました。しかし、見守ることしかできない親は、応援することしかできず不安な気持ちに、私以上になっていたと思います。そのことに気づくまで私は、親を裏切るようなことばかりしてきた、もっと早く勉強すればよかったと後悔しています。心から謝りたい気持ちでいっぱいですが、面と向かっては言えないので、態度で示していきたいと思っています。高校では、1年生のうちからしっかり勉強して、周りからみていても安心できるくらいに頑張りたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 試験を振り返ってみて思うことは「試験はとても難しかった」ということです。僕は苦手な教科だけ心配していました。でも、自分がいつも点数をとっていた科目の方が緊張してなかなか思うように解くことができませんでした。
 僕が受験勉強を始めたのは夏休みからでした。ほぼ毎日、塾に行き勉強しました。夏休みが終わって初めてのテストでは、今までとったことのないような点数を取ることができました。でもしばらくすると調子が悪くなってしまう時がきました。特に国語の作文では、誤字・脱字なども多く、不調から抜け出すのはとても大変でした。家では、勉強しないといけないとわかっていても、テレビやゲーム、パソコンといった誘惑に負けてしまうことが多くありました。だからできるだけ塾に来て勉強しました。受験校を決める時は、1つ下げようか迷っていましたが、深井先生が「お前が受からんかったら、誰も受からん」と言ってくれたおかげで一番いきたいと思っていた高校を受験する決心をすることができました。これから受験するみんなには「まだまだ余裕」と思わずに、今のうちからしっかり頑張って勉強してほしいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は今年初めて受験を経験しました。今まで、自分の人生に関わる大きなことは経験したことがなかったので、すごく不安でした。私は、1、2年生のころは高校に受かるかわからなかったけど、3年になって模試を受けていくことでだんだん自信がついてきました。だから私は模試は受けた方がいいと思います。
 私はこの1年間、とても大変でしたが、夏期講習が一番大変だったと思います。暑い中、長時間たくさんの量を勉強するのですごく疲れました。しかし、夏を乗り切れたからこそ実力と自信がつき、合格できたのだと思います。
 この1年間は自分一人では乗り切れなかったと思います。家族の協力があったからこそ合格できたのだと思います。塾への送り迎えやご飯など帰りが遅くなった時も、毎日私のために一生懸命になってくれました。だから私は家族に感謝しなければならないと思います。
 この感謝の気持ちを忘れずに、これからの高校生活も頑張りたいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 高校入試第1日目、1時間目社会。1問目の「太平洋ベルト」という答えを書くとき、僕は手が震え、三度書き直した。それでも手の震えが止まらず、一旦鉛筆を置いて深呼吸してから問題に取り掛かった。だんだん緊張もほぐれ、2、3時間目の国語、理科では結構リラックスして書けた。
2日目。あまり得意ではない英語のリスニングは、少し焦ってしまったが、今度もまた深呼吸して集中し、落ち着いてできた。2時間目数学。得意科目だったので、いつもは「よい点数をとらないといけない」という緊張からスムーズにいかない時があったが、落ち着いて難問の関数も解けた。
そして合格発表。あまり緊張してなかったが、合格者が張り出されたときはやはり少し緊張した。自分の番号「67」を見つけた時はとても嬉しかった。
僕が合格できた理由は3つあると思う。
1つ目は勉強をあまり苦に思わずできたこと。深井先生や高田先生、友達、家族のおかげで楽しくできた。深井先生のおかげで数学の難問を解くことがとても好きになり、数学の成績が伸びた。そして深井先生の言葉には、いつも自信や勇気をもらいとても力になった。高田先生のおかげで、苦手だった社会と英語を克服することができた。特に公民は高田先生の授業が楽しく、しかもわかりやすかったのでとても好きになれた。
2つ目は自分に自信をもってテストに臨むことができたことだ。国語は、入試直前の最後の土曜日にとてもたくさん勉強した。そのおかげで国語の時間はとても集中し自信をもってできたため、頭がよく回り、すらすら書けた。数学は1番勉強した。父が数学の先生ということもあって、いつも勉強した。「自分は数学が得意だ」と思ってできたおかげで本番でも力を発揮できたのだと思う。
3つ目は家族の助けがあったから。父はいつも勉強をみてくれ、分からないときは夜遅くでも熱心に教えてくれた。母はいつも「大丈夫、大丈夫、絶対受かるよ!」と励ましてくれた。2人とも内心では心配に思っていたかもしれないが、全く言葉に出さず、いつも力を与えてくれた。とても感謝している。
僕が合格でできたのは、父、母、深井先生、高田先生、友達、たくさんの人たちから助けてもらい、力をもらったからだ。そして自信をもって入試に臨むことができたからだと思う。高校に行っても自信、感謝、そして勉強を楽しむということを忘れずにがんばっていきたい。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

  私は高校入試を終えて、後悔が残りました。なぜなら、いつもよりも書けなくて、今までにないくらいの出来だったからです。入試が終わった瞬間は達成感や満足感だけが残るのを想像していたのに、不安と後悔しか感じられず、自分自身とても戸惑ってしまいました。こんな結果になったのは、志望校を1つ下の学校に変えて油断してしまっていたり、入試の直前まで実感をあまり持てていなかったのが原因だと思いました。今まで頑張ってきたことが無駄になった気がして、自分がとても情けなく感じました。
 結果は合格できていたけど、合格した今でも入試のことは後悔したままです。たぶんこれから先もこの後悔は残ると思います。しかし、今回のことがあったから自分を見つめ直すことができました。高校へいったら誰よりも勉強して上を目指し、今の自分を見返したいと強く思うことができました。今まで応援してくれていた両親や先生にも罪悪感が残ってしまったので、これから頑張って今までと違う自分を見せられたらいいと思っています。高校生活は充実させたものにして、後悔が残らないようにしたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は2年生のころから志望していた高校に無事合格することができました。それは自分の頑張りだけでなく、家族や学校、塾の先生のサポートがあってこそだと思います。
受験勉強を始めたのは、部活を引退して3年の夏休みからでした。学校の宿題が増える中で受験勉強の時間をとるのは大変で、11月くらいからはほとんどテレビも見なくなりました。今思えば、あのころの頑張りや、1・2年生のころの積み重ねがあってこそだと思います。本当にやればやった分だけ結果に出るんだと思いました。苦手科目だった社会も最後には苦手意識がなくなりました。あれだけ分からなかったのに、少しずつ理解できていったことに自分でもびっくりです。苦手意識を持つのと持たないのでは大きな違いがあるんだということがよくわかりました。
私が高校を合格して気づいたのは「努力の大切さ」です。受験は頭の良し悪しの問題ではなく、努力できるかできないかで結果が決まると思います。努力さえできれば自分の可能性を何倍にも広げることができます。頭の良い人を羨む時間があれば、その時間を勉強にあてるべきです。すべては自分に返ってきます。もし、いきたい高校が行けるか不安でもあきらめてはいけません。絶対に受かってやると思って、やれるだけのことをし、最後に最後になってから決めればいいと思います。私は合格した今でも、もっと早く始めるべきだったと思っています。まだいいか、と思っている人は今すぐに始めるべきです。後悔したくないのなら。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 頭が悪かった2年前、そのころの私はテストの点数や番数が低く、高校に入れるかわからないほどでした。これではいけないと思い、私はアルファに入ることを決めたのです。
アルファで授業をしてくれるのは深井先生です。先生はわかりやすい授業をしてくれて、学力を上げる手助けをしてくれます。先生の授業をしっかり聞いて、それをテストで生かせれば、必ず結果がついてくるのは間違いありません。
しかし、深井先生の授業がすごいだけではありません。アルファでは毎週英語のテストがあります。この英語のテストでは教科書に対応した問題が出てきます。そのテストをしっかり受けていると、いつの間にか英語が好きになって、得意教科になってきます。そのテストのおかげで、私も英語が得意になりました。
私は今年、高校に合格することができました。合格できたのは私一人の力だけではありません。アルファの先生がたや家族に感謝して高校へいってもがんばりたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は志望校を受験してよかったと思っています。最初は学力がなかなか伸びず、最後まで受験する高校を決めるのに時間がかかりました。そんな時に背中を押してくれたのが深井先生や家族の言葉でした。深井先生は「本当にいきたいという強い気持ちを持った人が受かる。自信をもって落ち着いて受ければ大丈夫」と言葉をかけてくれました。この言葉が私の中で「やっぱり、ずっと行きかった!受験する!!」という決心につながりました。家族は私の体調や不安な気持ちを気遣い、励ましてくれたり、温かく接してくれました。入試当日、体調が悪くなってしまったときもいろいろ面倒をみてくれて、心から感謝しました。そしてお世話になった家族のためにも頑張ろうと思いました。
勉強していく中で、焦りや不安が消えることはなかったけれど、それに負けず、目標に向かってあきらめずに努力すること、強い精神・信念を持つことが大事だと思いました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif



平成24年度大学合格実績

24.png

  とても心配性?な子が多く、本番で自分の力をあまり発揮することができない学年でした。
それでも自分のやりたいこと、つきたい職業などをしっかり考え、
今その第一歩を歩きだそうとしています。
今回の受験を通して、また大きく成長してくれたこの子たちを
遠くからでもずっと応援していきたいなと思っています。
これからの活躍を期待します。(深井)

 

平成24年度大学合格実績(朝日校)
新潟大学 岐阜女子大学 東海学園大学
日本大学 神戸学院大学 中京大学
大東文化大学    名古屋学院大学 愛知学院大学
中部大学 関西外国語大学(短)

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 アルファでは4年間ほどお世話になりました。勉強のことだけでなく、学校生活などについての話も親身になって聞いていただき、私の高校生活において塾の存在はとても大きかったです。高校1年生の冬、勉強も何もかもが嫌になった私に、深井先生は勉強の大切さなどを教えてくださいました。投げやりになり、やる気もなくなっていましたが、先生の言葉があったから頑張ってみようと思えました。先生に会えていなかったら、今、自分がどうなっていたかわかりません。とにかく全てが嫌になっていたので、先生の言葉にとても感謝しています。
 大学受験の勉強は、決して一生懸命に頑張っていたと言えるものではなかったと思います。目標もなく、ただ勉強しなければならないという義務感的なものだけがあったからかもしれません。だから、後輩には何か1つだけでいいから自分のやりたいことや目標をみつけて、それに向かって悔いのないように勉強してほしいと思います。
 最後になりますが、深井先生、高田先生、長い間お世話になりました。これからもお体に気をつけて頑張ってください。本当にありがとうございました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は新潟大学に推薦入試で合格しました。私が新潟大学を目標としたのは高校1年生のとき、模試の第一志望に書いたのがきっかけでした。その時は単に「国立大学だから」という理由でした。しかし、新潟大学をインターネットで調べてみると、非常に魅力的な大学であり、ここで学んでみたいと思うようになりました。そして高3の夏にオープンキャンパスに参加しました。オープンキャンパスでは模擬授業を受けることができ、この大学で学びたいという思いが一層強くなりました。推薦入試の練習はセンター試験に向けての勉強時間を減らすことになり、不安な気持ちが強くなって、一時はあきらめようとも思いましたが、絶対合格したいという気持ちを強くして頑張りました。これからももっとたくさん勉強して4年間を意味のあるものにしていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

  後輩たちへ!
 受験前に必ずやっておいておいた方がいいことが2つあります。1つ目は自分の受験する大学には必ず見学に行くことです。そして個別相談会があるなら必ず出席した方がいいです。運が良ければ試験内容の要チェックポイントを教えてくれる場合があるし、顔を覚えてもらえばそれだけでやる気が認められます。
 2つ目はまんべんなく勉強することです。先生や相談担当の人にチェックポイントを聞いても、それだけを中心に勉強しない方がいいです。本番当日、いざ試験の内容をみてあまり手をつけずにいたところが出ていた時にパニックになります。
 受験は大変ですが、最後に後悔しないためにも今のうちから頑張ってほしいです!

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は志望していた学校に合格することができました。高校受験のときもそうでしたが、私は受験が近くならないと受験生だという実感がわかず、あまり集中して勉強することが続きませんでした。なので高校受験も大学受験も3年生になってから1年生の基礎を復習することから始めました。このような勉強方法で合格できたのは奇跡だと思います。私は放課後、図書館に残って勉強したり、塾に来てわからない問題を質問するなどしましたが、もっと早くから受験勉強を始め、授業もしっかり聞いておけばよかったなと思っています。これからは専門的な勉強が多くなるので、1年生の時からきちんと授業を聞き、躓くことのないようにしたいです。また、一人暮らしやアルバイトなどを学校の勉強と両立させていかなければいけません。なのでアルバイトに集中しすぎたり、家事が疎かにならないように気をつけたいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif



11/12 冬期講習を振り返って

            huyu.JPG                     fuyu0038.JPG  

中1女子
 今回は2時間半という、私的には長い時間で国・英・数をみっちり勉強することができました。私はみんなより少し遅れがちだったので30分くらい早く来て遅れを取り戻しました。そのおかげで、先生のいう一言のヒントで「あっ!わかる!!」が毎日増えていったのが喜びの一つでした。問題が解けなくてすごく悔しかったのも講習を経験したからだと思います。今年1年、この経験を活かしていきたいです。

中1女子
 私は初めての冬期講習でした。私は苦手な文章問題を中心に頑張りました。問題を多く解いて、直しも最後まで丁寧にしました。今回自分の苦手なところをたくさんやって、やり方なども理解できたと思います。直しをしっかりすることで、テストでもミスをなくせたらいいなと思いました。また、時々集中力が欠けてしまってボーっとする時間があったので、そういう時間を減らして、効率よく勉強していきたいです。

中1男子
 僕はこの冬期講習をみんなと差をつけるチャンスだと思い、頑張りました。普段は部活などが忙しくいろいろと遅れている僕ですが、冬期講習はみんなよりも進みたいと思って取り組みました。今回の講習では「見直し」という作業を丁寧にしました。すると問題の正解率がとても上がりました。次からはさらに上を目指し、余裕をもって急がず、丸付けなどの見直しも頑張りたいです。

中2女子
 私はこの冬期講習で「時間内にその課題を目標にしているページまで終わらせる」ということをできるようにしようと取り組みました。時間と範囲を区切ることでペースを速くできたと思います。が、まだまだペースは上げられると思うので頑張りたいです。そして冬期講習で学んだことを日常でも活かせるようにしたいと思っています。まだ課題も多く残っているので1つずつやっていきたいです。

中2男子
 今回もとても充実した講習となりました。今回は特に国語に力を入れてたくさんの問題を解くことができました。その他の教科でも「ツメの甘さ」という課題に対してしっかり取り組むことができました。これから、2年生にとっては大切な3学期が始まります。この冬期講習での頑張りをテストにつなげられるように、テキストの復習などもしっかりして万全の状態で臨みたいと思います。本当に充実した冬でした。

中2男子
 僕はこの冬期講習で、1番最初に2年生の今までやった内容の確認テストプリントをしました。初めはほとんどの問題がまったく解けませんでした。次の日から、単元ごとのプリントを繰り返ししていくと解けなかった問題も少しずつ解けるようになったのでとてもよかったです。これからもこの「繰り返し」をどんどんやっていこうと思っています。講習を受けてとてもよかったです。

中3女子
 冬期講習では、分厚いワークを中心に行いました。夏期講習の時もとても分厚いワークでした。そのときは期間内にワークを終わらせることができずにとても残念だったので、今回は「絶対期間内に終わらせ、さらに一問一問しっかり覚えるようにしよう」と思い、毎日塾に通いました。結果、ワークは無事に期間内に終わらせることができてとても達成感がありました。今回の講習では、人が勉強していない時に自分はやる、ということが大切だと感じました。

中3男子
 この冬期講習はとても自分の役に立ったと思います。特に数学では、難しい関数や図形の問題をたくさん解くことによって自信がつきました。国語でも毎回テストを解くことによって、少しずつ力がつきだんだん点数が上がりました。この長いようで短かった冬期講習は、集中してたくさん勉強することができたのでよかったです。これを受験につなげていきたいです。

中3女子
 私は冬期講習を終えて、集中力を身につけることができたと思います。また今まで勉強してきた基礎的なことを活かして、難しい問題を時間をかけてでも解くことができたことが多く、勉強に対して楽しさを感じることができました。今から受験にむけて本当に努力しなければならないと自覚もできたし、途中であきらめないで1つの問題に取り組む大切さも知ることができたので、実力をもっと伸ばせたら良いと思いました。 

中3女子
 私は今回の冬期講習で、不得意科目と得意科目の差を改めて確認できました。得意科目の数学や理科は、応用問題を中心に取り組み、不得意科目である社会、特に歴史は基本から覚えなおしました。そのおかげで、頭の中の整理ができ、歴史の流れをつかむことができました。また、国語や英語の長文は、数をこなすことにより以前よりも解くスピードが速くなりました。今回の講習の経験を活かして3学期からも勉強を頑張りたいと思います。

 中3男子
 この冬期講習を終えて、全体的に頑張れたと思うし力も結構ついたと思うのでよかった。特に晦日特訓では自分の力がどれだけついているか確かめることができたし、何がまだ不十分で頑張らないといけないのかを知ることができたものだったので苦しかったけどやってよかった。冬休み明けにはすぐに実力テストもあるし、自分がどれだけ力がついたのか挑戦してみて、またダメだったところを頑張っていきたい。



11/12 晦日特訓

fuyu0440.JPG                 huyu.JPG           school19.JPG                   

中3男子
 12月30日は晦日特訓がありました。僕はいつもこの時期になると全然勉強をしなくなるので、この12時間勉強する機会があってよかったです。この晦日特訓では、自分が何が苦手だったのかよく知ることができたので、これからはできないところを中心に受験勉強に取り組んでいけたらいいと思いました。自分が何をするべきなのかわかったので、晦日特訓に参加できてよかったです。

中3男子
 僕はこの晦日特訓を終えて、1000問はとても大変だったと思います。特に苦手な国語と英語は間違いが多く、もっと頑張らなければいけないと改めて感じました。これからの残りの冬休みで苦手科目の克服を中心に頑張りたいと思います。そしてこの晦日特訓の中で間違えた部分を家でもきちんと見直したいと思います。受験まで残り少ないので、これからは今まで以上に勉強するときは集中して臨んでいきたいです。

中3女子
 晦日特訓では朝から晩まで1000問チャレンジプリントを5教科分しました。途中に休憩もあったので何とか頑張れました。私はこの晦日特訓を終えて、最初は嫌だったけど最後の方では「またやりたい!」と思いました。とても楽しかったです。

中3男子
 今回の晦日特訓は正直とても辛かった。今まで生きてきた中で、半日を勉強して過ごすことなんてやったことがなかったから本当に辛かった。でもこの特訓のおかげで自分の勉強がまだ足りていない部分をしっかりと把握することができたのでやってよかったと思う。今までの正月前は勉強なんて全くせずにのんびり過ごしていたので、たまにはこうやって必死で勉強する正月もいいなと思った。これからも頑張りたい。

中3女子
 私は晦日特訓をやってよかったです。1000問チャレンジは私にとってすごくしんどいものでしたが、自分が苦手なところを知ることができ、また新しい知識を得ることもできたのですごく達成感を得ることができました。また、昼食時や夕食時、休み時間などでは友達と楽しく過ごすことができたました。晦日特訓を振り返ってみると、とても充実した楽しい一日でした。

中3女子
 私は今回の晦日特訓を終えて、いくつか気づいたことがありました。それは、得意科目と不得意科目の差です。私は数学と理科は8割以上できたのですが、英語と社会は7割以下しかできませんでした。今回の晦日特訓で得意・不得意がはっきりわかってよかったと思います。今回の結果を活かしてこれからも受験勉強を頑張っていきたいです。

中3男子
 今回の晦日特訓は、とても大変でした。特に国語は文章題がたくさんあり、1つ1つ考え、答えを探す作業がなかなか進まず苦しみました。今日のように、集中してたくさんの問題を解いていくことができたら、自分の力になって早く解けるようになるのかと感じました。

中3男子
 僕は、朝の9時から夜の9時まである晦日特訓に参加しました。晦日特訓を1000問の問題を終わらせるという内容でした。僕は最初「面倒くさい」と思っていましたが、いざ問題を解いてみると集中力がみなぎってきて、ペンが流れるように動きました。しかも内容が頭に入ってくるので、晦日特訓はとても効果がある素晴らしい特訓だと思いました。

中3女子
 晦日特訓では数学・英語・国語・理科・社会の5教科を中心に学習しました。得意は社会ではかなりいい点がとれ、数学では苦手ところを粘って解くことができました。今回の特訓で自分の苦手なところが分かったので、これからはそこを重点的に取り組んでいきたいと思います。受験まで残りわずかですが、人並み以上に努力して頑張っていきたいです。

中3女子
 私は晦日特訓で5教科の見直しをして、今まで自分で気づけていなかった苦手なところを見つけることができました。そして、自分の苦手なところを見つけると同時に、自分の好きなところも見つけることができ、長時間の勉強も楽しく感じました。グラフにして結果の分析もして、自分のこれから頑張らなければいけないところも確認することができたので、今回の晦日特訓の結果をもとに、また勉強に励みたいと思います。



2011 高校見学ツアー 【12/17 魚津高校】

    2011 uozu.jpg

今年も10名の子供達と魚津高校まで行ってきました。
前日からの急な雪のために寒い中での見学会でしたが、みんなとても楽しそうに見学会終了後の学校帰りの寄り道も楽しんでいたようです。
今日の見学会をきっかけに、
勉強を頑張っていく意識がより高まってくれればいいなと思っています。

 

     魚津⑥.jpg   魚津③.jpg    魚津⑫.jpg 

 

今回は高校見学という貴重な体験ができたのでとてもよかった。中学校にはない場所などがいろいろあって楽しかった。これからたくさん勉強して、魚津高校に入りたいと思った。本当に充実した時間を過ごせた。  

 

初めての見学会はドキドキしながら行きました。校舎が広く、趣があり好きになれそうだなと思いました。理科が4種類あるのは知っていたけれど、それぞれの教室があったのでビックリしました。特に感動したのは、図書館でした。いろんな種類の本がたくさんあったのでワクワクしました。コンピュータ室や体育館なども広く、高校は中学とは違うなと思いました。魚津高校に行くために、勉強・部活を頑張りたいです。

  

今日は見学会でした。ちょっと緊張したけれど、勉強のことや部活のことがよくわかったので来てよかった。高校生は毎日家庭学習をたくさんしていて部活もしていてすごいと思った。今日の見学会は進学の参考になりました。参加できてよかったです。  

 

今日魚津高校を見学して、勉強もしっかりできているのに部活動も頑張っていることを知ってすごいなぁと思いました。中でも1番びっくりしたのは授業が週に3回、7限あるということでした。とても集中力が必要なんだなぁと思いました。これからは、魚津高校に合格できるように頑張って勉強したいと思います。

 

今回魚津高校を見学して、高校生になると授業時間が増えたり、授業内容が分かれたり(進路別講座制多展開授業)することを初めて知りました。校舎内も広く、学習室もあり勉強しやすい環境だなと思いました。また参加したいです。

  

今日は僕にとって初めての高校見学会でした。最初はどんなところかなと思っていました。中に入ると教室などが本当にたくさんあって、すごいなと思いました。特にすごいと思ったのは体育館です。体育館は中学校と違ってとても大きく、第1・第2と2つもあるのでいいなと思いました。またトレーニングルームもあり、僕も使ってみたいなと思いました。この見学会に参加して「こんな高校に行きたいな」と思いました。  

   

見学してまず、放送部のDVDでびっくりしました。生徒だけでDVDを作るなんてすごいなと思いました。勉強も頑張って部活も頑張れる、文武両道になっていてすごいなと思いました。また、図書室やコンピュータ室など様々な教室が充実していると思いました。高校ってすごいなとたくさん感動しました。  

 

私は魚津高校にいきたいと思っているので、今回の見学会に参加しました。魚津高校の知らないことをたくさん知ることができてよかったです。いろいろな施設があり、そのどれも利用してみたいと思いました。また、部活と勉強を両立できるようにしていると聞いたときは少しほっとしました。勉強する時間は多いけれど、部活ができる時間があり18時30分には完全下校できると聞いて、課題や勉強する時間があるなぁと思いました。課題などは多いと思うので頑張りたいです。部活はたくさんの種類があり、どれに入ろうか迷ってしまうだろうなと思いました。入学したら頑張って楽しい高校生活が送れるようにしたいです。

  

高校見学をして、今まで見たことのないものや、不思議に思うもの、目を輝かせるものが多くありました。部活を見学する中では、とても真剣な顔の人がいて、とても頑張っていることが伝わりました。文武両道の意味が分かった気がします。  

   

僕は今回わかったことがたくさんありました。特に実感したのは勉強に取り組む志です。僕はよくテレビをみます。僕がテレビを見て笑っている時間も、高校生の人たちはみんな勉強しているんだなと思うとすごいと思いました。僕もこれまでの自分を見直し、魚津高校生の人たちのように勉強にまじめに取り組んで頑張りたいと思います  

 



小学生国語イベント 【もっと読トレ!①】

title.jpg

 

国語力はすべての科目の基礎になります。

最近の子どもたちは語彙力も国語力も低下していると感じ、今のうちから何とかしなくてはと考え、企画したのがこの秋から始めた【もっと読トレ!】です。

文章を楽しく、でも真剣に読んでほしいと思っています。

全3回シリーズのうち、第1回を10/11(火)に実施しました。

子どもたちもとても楽しいそうに、でもしっかり考えて取り組んでくれたようです。

第2回、第3回の様子もまた写真で撮れたら、そして、子どもたちの感想もUPできたらいいなと思っています!

20111011 読みトレ①-1.jpg    20111011 読みトレ①-2.jpg    20111011 読みトレ①-3.jpg   20111011 読みトレ①-4.jpg   20111011 読みトレ①-5.jpg

 



2011 夏期講習

ye_152A.jpg今年も無事に夏期講習が終了しました。
小学生から高校生までみんな普段以上の勉強時間でしたが、しっかりやり切ってくれたのではないかと思います。この夏の頑張りが2学期以降の成績につながるように、2学期からも気を抜かずに頑張ってほしいです!!

11summer.jpg



2011 中3夏期合宿

8月11日(木)・12(金)と、毎年恒例となった?中3夏期合宿でした。

今年はみんなの動きが例年以上にテキパキとしていて、私自身、全くピリピリとすることのないとても楽しい合宿なりました。

子どもたちにとっても、大変さと楽しさの入り混じった、メリハリのある合宿になったのではないかなと思っています。

そして今年もまた子どもたちに作文を書いてもらいました。

一部ですが、紹介したいと思います!

      

P1000527.JPG

 

アルファの合宿は自分が思っていた以上にとても過酷なものだった。それに1日であれだけの勉強をしたのは初めてで辛かった。
でも、この合宿のおかげで、自分の苦手を少しでも減らすことができたと思う。それに、また新たな課題を見つけ出すことができて、決して無駄ではない合宿になった。
また、勉強だけでなく、朝日中の友達や富山東部校の人たちとも仲良くなれたのでよかった。
この合宿で学んだことを活かし、これからも入試向けて頑張っていきたい。

僕はこの合宿を通してとてもいいことがありました。それは、たくさん勉強することが苦痛ではなくなったことです。1日目に国語から英語まで5教科全部の勉強をすることで、だんだんと慣れていき、楽しくなりました。2日目のテストでは納得のいく結果を出すことができなかったけれど、この経験を活かしてこれからもたくさん勉強していきたいと思います。

私は合宿を通して自分には集中力がないということと、友達と一緒に生活することの楽しさについて学びました。私は勉強を始めるとすぐに眠くなってしまいます。けれどこのことに関しては高田先生のアドバイスのおかげで改善することができました。また、友達と食事やお風呂をともに行動することで、明るく楽しい生活をすることができました。この合宿で学んだ、改善しなければならない点は改善し、良い点はさらに良くしていきたいです。

CIMG0583.JPGのサムネール画像のサムネール画像

私は8月11日に「あこや~の」というところに1泊2日の合宿に行ってきました。1日目はずっと勉強で、2日目はテストをした後、バーベキューでした。
1日目はとても大変でした。なぜならその1日がほとんど勉強で、遊ぶ時間などほとんど無かったからです。しかし、2日目になりテストが終わった後、バーベキューでおいしいお肉を食べるごとに、この合宿疲れが取れていくようで、とても充実した気持ちになりました。

僕は、合宿に行ってずっと勉強しました。いつもならすぐに集中できなくなるけれど、みんなといっしょに勉強することでずっと集中することができました。合宿の最後はテストでした。自分では頑張ったつもりでしたが、結果は良い教科と悪い教科の差があって、どの教科が苦手なのか、自分で確認することができました。この合宿で、集中できる時間が長くなったこと、苦手科目を確認できたことはとてもとかったと思っています。

私は合宿を終えてみて、自分が成長することができたように思えました。長時間にわたる勉強をすることで高めることができた集中力や、難易度の高い問題をすることで様々な考え方があることを学べたところなど、合宿に参加したことによって前の自分と差をつけられた気がします。
合宿で得ることができたことをこれからも活かして、もっと自分の成長につなげていけたら良いと思います。

CIMG0608.JPG



2011 第2回 パズル選手権

puzzle2.JPG

4月24日(日)に行なわれたパズル選手権に参加した子達が作文を書いてくれました。
「今年こそリベンジを!」ということで臨んだ子たちもいましたが、入賞はできませんでした・・・。
来年こそ入賞したいです!!!

 今回は2回目の大会で「リベンジ」というより、「チャレンジ」なのかなぁと思いました。ただ、去年と決定的に違ったのは、敗因です。去年は簡単なところを見落とし2回敗北。しかし今年は相手の策略にまんまとはまる、要するに戦略の知識がなくて負けた、ということでした。しかし、自分も相手を一度はめて勝つことができました。何より一番大きかったのは「個人戦の優勝者」に混合戦で勝ったことでした。勝ち方は、相手に「ここに入れなきゃ負けるぞ!」的な場所に誘い込み、まんまとはめることができました。とても嬉しかったです。結果的に賞状はもらえなかったけど、いつも仲の良い友達と一緒に参加することもでき、その友達とまた1ついい思い出を作ることができました。来年はいろんな戦法を考え、ケースバイケースで使い分けたいです。来年は今年以上に練習して、準備万端で臨みたいです!!

 

                      大会前(待っている時間).jpg                   

 私はパズル選手権に初めて参加したので、少し緊張しました。1回目は入善の人たちと対戦でした。私は負けてしまいましたが、他の2人が勝っていたので入善チームに勝つことができました。とてもうれしかったです。2回目は私も勝つことができました。本当にうれしかったです!3回目は準決勝でした。準決勝はとても強いチームばかりで、すぐに負けてしまいました。3位決定戦でも負けてしまいました。もう少し練習して、来年は3位以内に入りたいです。 

 

                   ジュニア.jpg           

 パズル選手権では、私は団体戦に出場しました。1回戦はストレート勝ちでした。2回戦で田沢と対戦し、2対1で負けてしまいました。私は普段、あまり勝つことができなかったのですが、本番でチームに貢献することができてよかったです。また、普段他校の人と接する機会がないので、パズルを通して、いろいろな人と出会うことができて嬉しかったです。 

 

私は団体戦にしか出なかったけど、とても楽しかったです。3年生の先輩と出て、1回は勝てたけど、2回戦mで勝てなかったので悔しかったです。もっと頑張れば、勝てたかなと思いました。この経験を生かして次の大会のために練習を頑張っていきたいです。いろんな作戦を考えたり、対策の仕方もできるようにしたいです。次の大会では良い結果を出せるように頑張りたいです。 

                                    

                      シニア.jpg                         

 僕はパズル選手権に初めて出場しました。最初は緊張していなかったけど、本番になるととても緊張し、仲間の人が勝った時はとても嬉しかったですが、逆にプレッシャーがかかりました。僕は個人戦に出ました。少し自信がありましたが、始まるとすごく緊張し、自分がどこでリーチをかけたかわからなくなり、僕の作戦は失敗し、相手にダブルリーチをかけられて、僕は手も足も出ず負けてしまいました。来年はもっと工夫して挑みたいです。

                           1720_20100319183637_11.gif

 私は第1回のときも参加しましたが、その時はすぐに負けてしまいました。だから今年こそは「1度でもいいから勝ちたい!」と思いました。1回戦、2回戦の時は私よりも下の学年だったので絶対に負けたくありませんでした。なんとか勝てたのでよかったです。でも3回目は私と同じ学年なのに、とても強く、私はあっさりと負けてしまいました。3位決定戦ではチームの3人とも負けてしまったので来年こそは3人で勝ちたいです。でもすごく楽しかったです。 

   

僕は、今回の選手権に参加して、練習のときは2人か3人には勝てる自信を持っていました。たくさん練習して判断力もついていたからです。大会当日、自分なりの作戦も立て、会場へ行きました。僕の出る団体戦までは時間があったので体験コーナーでレベル1の先生を倒して気分よく試合に臨みました。相手は田沢というとても強いチームで、僕はあっさりと負けてしまいました。たくさん練習して来年こそ1度は勝ちたいと思います。  

 

                                               

 パズル選手権に初めて参加しました。1回戦は3人中2人が勝ち、2回戦も3人中2人が勝ってとてもよかったけど、3人とも勝ちたいと思いました。結構強い人や弱い人もいて、全部で5回やることができたなかで、何回か勝つことができました。こんなに勝てると思わなかったので自分でびっくりしてしまいました。でも3位決定戦に出ることができたのに、年下の人に負けてしまいました。そのことが一番くやしかったです。3位になれなくて残念でした。 

  



平成23年度高校合格実績

H23おめでとう!.jpgのサムネール画像

物静かで、授業をしていても反応が薄い?、
でも静かな気合いを感じることができる
子供っぽいようなしっかりした大人びているような
両方の雰囲気があるクラスでした。
          入試を通して、頑張ることの大切さ、感謝の気持ちなどたくさんのことを感じ、
          それらを力にして自分たちのすべてを出し切り、やりきってくれたと思っています。
          そのひたむきさ忘れずこれからの高校生活でもしっかりがんばってほしいです
。(深井)

平成23年度高校合格実績(朝日校)
 魚津高校 普通科
 桜井高校 普通科
 入善高校 普通科
 入善高校 農業科
   泊高校 普通科
 小杉高校 総合科
 
sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私が入りたいと思う高校がきまり、頑張り始めたのは7月からでした。部活を引退して、受験モードに切り替わり「夏休みは頑張らなければならない」と思いながらも具体的に何をすればいいのかよくわからなかったとき、友達に「アルファの夏期講習にいかないか」と誘われ、そこから受験に向けての新たな生活が始まりました。はじめはキツイとおもうこともたくさんありました。これまでにたくさん勉強したことはなかったし、いつも続かなかったからです。でも今思えば、最初に頑張ったからここまでこられたのだと思います。
 夏期講習の後も塾を続け、学校の宿題も多かったために大変だったこともたくさんあったけど、やり抜くことができました。やっぱり、勉強は大変なものだと思います。でもやればやるだけ喜びは大きいし、やってよかったと思えるのだと思います。これからの生活のなかでも諦めず目標にむかって頑張っていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 受験までは本当に長いものでした。自分はそこまで点数をもっているわけではなかったので、中2の後半からとても心配でした。苦手な数学と理科にいつも苦しめられ、「自分はもうダメなのかもしれない」と思っていました。けれど、アルファのおかげで本当にいきたいと思える高校を見つけることができ、自分への自信もとてもつきました。念願の高校に合格できて本当にうれしかったです。3年間の勉強はとても大変なことだったけれど、自分の力が認められてとてもうれしかったです。受験を通していい経験ができました。サポートしていただいた深井先生と長崎先生には本当にお世話になりました。感謝の気持ちでいっぱいです。でもこれがゴールではないので、次の大学受験に向けて、高校受験を通して身につけることができた自信を大切にして高校3年間も頑張っていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 県立入試は私立入試と違った緊張感があって、当日はちゃんと書けるか不安でした。他校の人が多くてなおさら落ち着かなかったけど、最後まであきらめずに書くことができたのでよかったです。2日目は苦手な教科ばかりでした。空欄を作らずに解答用紙をうめることができるか心配でした。特に数学は難しくて、わからなかったところもあるので、終わった後もずっと不安でした。
 卒業式が終わって、あっという間に合格発表になりました。ボードが出されて、自分の番号を見つけた時はすごく安心したし、嬉しかったです。直前まであまり点数が伸びなくて心配していたけど、勉強の成果が出ていたのでよかったです。高校の勉強はもっと難しくなるのでこれからも頑張っていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は今回の受験で桜井高校に合格しました。それに向けての1年間の勉強はこれまで勉強したことのないほどの量と内容でした。僕ははじめ、塾などには通っておらず、自分で家でワークや問題プリントをして勉強をしていました。しかし、その勉強方法だと分かりにくいところは分かりにくいままだったりしてあまり効率が良くなく、良い結果を出せない時がありました。はじめにアルファに入った時は少し大変でしたが、授業では重要なところをしっかり覚えることができ、プリントなどで学習したときも分かりやすく、今までよりも勉強がはかどりました。入試対策の勉強も今までの自分のやり方ではだめだったと思います。今回の受験を活かして、これからの高校生活や次に待っている大学入試を目指して頑張っていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は日ごろ勉強したり、毎日塾へ行ったりして頑張ってきました。私は特に数学が苦手で、応用で分からなかったところはしっかり見直しをしたり、何回か解いてみたりしました。そのおかげでじっくり解くことができるようになったし、理解することもできるようになりました。合格発表当日、少し緊張しました。とても不安で「落ちたらどうしよう」と思っていました。ボードが出てきて、ボードに貼ってある新聞紙がはがされた時、とてもドキドキしました。数字を探しして自分の数字があった時、とてもうれしかったです。家族、友達、先生もすごく喜んでくれて、「私は今、こうやって合格できたのもみんなのおかげなんだな」と改めて思いました。
 高校に入ると課題が多くてとても大変だと思うけど、勉強と部活を両立できるように頑張っていきたいです。また、アルファでならったことをこれからの高校生活に活かしていきたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 入試では、自分の力をできるだけ出し切りました。結果はとても嬉しい知らせでした。私がここまで頑張ってこられたのは、自分1人の力ではなく、周囲の支えがあったからこそだと思います。熱心にご指導くださった学校の先生方や塾の先生、友達の支え、そして温かい目で見守ってくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。これからは充実した高校生活を送れるよう、辛いことがあっても何事にも諦めず努力して取り組んでいきたいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は小杉高校を推薦入試で受けて合格内定という結果をもらいました。高校生活で僕は、頑張りたいことが2つあります。まず1つ目は、勉強です。今までやってきたことを忘れないように日々の授業に真剣に取り組んでいきたいと思っています。2つ目は部活動です。小杉高校の柔道部は県内で上位の成績を残しているので、僕もそこで3年間しっかりと頑張って、自分の柔道のレベルを上げていきたいと思います。そして必ず県で優勝し、インターハイで活躍できる選手になりたいと思っています。
  高校は中学と比べて、勉強でも部活動でもすべてにおいて高レベルになると思うので、どんな時でも決して折れることのない強い心を作っていきたいです。また、高校では自由が多くなる分、責任をもたなければなりません。どんな時も、周りの状況をしっかり見て行動し、周りから尊敬される人になれるように頑張りたいです。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

  私が合格できたのは、たくさんの人に支えてもらい、応援してもらったからだと思います。学校の先生や友達、家族、深井先生など、多くの人にお世話になりました。とても感謝しています。
 私は中学1年生の時は、受験ということを意識せずに勉強していたけれど、深井先生の授業で、受験への意識が高くなり、自分の受けたい高校を受験し、合格することができたのだと思います。私は昔からずっと数学が苦手だったけれど、塾にきてkらは毎回テストのをするごとに点数があがるようになり、自信が持てるようになりました。数学だけでなく、全体的に上がったのでよかったです。高校へいったら、今まで以上にしっかり頑張りたいと思います。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は3年生になっても、もうすぐ受験なんだという意識がなく、夏休みまであまり勉強をしていませんでした。だけど周りの友達が勉強をし始め、数学や理科など自分がもともと苦手としていた科目でどんどん分からないところ増えていき、焦り始めてアルファに通い始めました。
 もともと長時間じっくりやる勉強は苦手でしたが、だんだん長時間の学習に慣れていき、集中力を身につけることができました。この「集中力」は受験でとても必要なものだと思います。そして自分が1度間違えてしまった問題や分からなかった問題にじっくり取り組んだので、同じような問題が解けるようになり、特に数学でのケアレスミスが少なくなりました。
 また、冬期講習以降、英語の長文や国語の作文をたくさんやったおかげで、入試でも緊張せずに焦ることなく取り組めました。入試が終わった今、たくさん問題を解いてきてよかったと思っています。いつも分かりやすく教えてくださった深井先生には本当に感謝しています。ありがとうございました。

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif


 

 

 

 



前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

▲ページトップ