• アルファの教育理念
  • 小学部
  • 中学部
  • 高校部
  • 個別指導マイウェイ
  • 安心安全通塾制度

生徒の声・合格体験記

2013 第4回パズル選手権

puzzle2.JPG

今年は8/4(日)にパズル選手権が行われました。
久しぶりに朝日校に賞状(混合団体3位!!)が!というとても嬉しい第4回でした。

 

私は、初めてのパズル選手権でした。相手はとても強そうでした。試合が始まって、玉を持ったら、指が「ガタガタ」震えて、違う場所に入れそうになった時がたくさんありました。そして、負けました。だけど、その相手はいろいろなことで優勝していました。私は1試合目からとんでもないチームとあたってしまったなと感じました。けれど、次に来年に向けてたくさん練習して、強くなって、そのチームを見返したいです。

1720_20100319183637_11.gif

私は今回初めてパズル選手権に参加しました。私は混合団体戦に出ました。私は1回も勝てなくて役に立てなかったけど、チームのみんなが頑張ってくれて、3位になることができました。チームみんなで頑張って3位をとれたことは嬉しかったけど、私は1回も勝てなくてとても悔しかったです。来年はチームの役に立てるようにもっとうまくなって勝ちたいです。

 

        画像   画像

今回のパズル選手権は、最終的に優勝したチームと1回戦にあたったので、運が悪かったなと思いました。本番になると自分が何をしたいのかわからなくなっていたので、次に出るときは、落ち着いて相手が何をしたいのか少しでもわかるようになりたいです。今回のパズル選手権での負けを活かして、来年までに上達したいです。今年は1回戦で負けてしまったけど、思いっきり楽しめたのでよかったなと思いました。来年こそは勝ちたいです!

1720_20100319183637_11.gif

私にとって今年で最後のパズル選手権は、少し悔しい思いをしてしまいました。結果は個人戦の4位でした。私ははじめ、どうせ上位まではいけないだろうと思っていました。が、準決勝まで残ってしまいました。周りの人もびっくりしたと思いますが、私もすごく驚きました。でも、3位決定戦では、一度勝った人に負けてしまい、すごく悔しかったです。でも4位までいけたのでいい思い出になりました。

 



平成25年度高校合格実績

おめでとう!のサムネール画像

今年は特に「頑張ることの大切さ」を教えられた学年だったように思います。

あまり表面には出さないけれど、うちに秘めた闘志はスゴイ!と感じる子がとても多い学年です。

たくさんの人に支えられていることに感謝してこの受験を乗り切ったと思ってくれたことがとても嬉しいと感じました。是非、読んでみてください!

平成25年度高校合格実績(朝日校)

sakura.JPGのサムネール画像 中部高校 普通科

sakura.JPGのサムネール画像 魚津高校 普通科

sakura.JPGのサムネール画像 桜井高校 普通科

sakura.JPGのサムネール画像 入善高校 普通科

sakura.JPGのサムネール画像 泊 高校 普通科

sakura.JPGのサムネール画像 国立高専 物質化学工学科

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は中3の春からアルファに通い始めました。それまでのテスト勉強は提出物だけで済ませていました。でも受験生としてこれではいけないと思い、宿題や提出物以外の勉強もするように心がけました。その甲斐あってか、1学期のテストでは以前よりも10点ほど多くとれるようになりました。夏期講習では、2年半の基礎・基本をおさらいしました。午前中は家で2・3時間、午後からは塾で4時間勉強しました。勉強漬けの日々で毎日が大変だったことは今でも覚えています。2学期の後半からは受験特訓が始まりました。それからは総合問題を解き、見直しをして、間違えた問題を解けるようにするという繰り返しでした。苦手な数学の応用問題では、深井先生の解説を聞いて、そこから1つでも多くの解くコツをつかむように努めました。そして3月12日。いよいよ本番を迎えました。初日の3教科では自分の実力を発揮することができました。だから2日目もリラックスして受けることができました。3月19日、合格発表当日。自信はあったもののやはり緊張してしまいました。友達と一番前に陣取り、走ってボードに向かいました。自分の受験番号を見つけ、すぐに家族に電話しました。まだ実感はわかなかったけれど、とても嬉しかったです。こうして僕は、無事に第一志望の高校に合格することができました。これは自分の勉強の成果が出たというだけではないと僕は思います。いつも支えてくれる家族、共に笑いあえる友達、丁寧に教えてくれる先生方など、たくさんの人たちのおかげだと思います。日頃あまり言えないのでこの機会に言いたいと思います。「ありがとう」。

中部高校普通科合格 R・S

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私はこの高校を受けるために、たくさん悩みました。本当は違う高校に行きたかったのですが、父からは反対され、学校の先生からも「難しい」と言われたからです。ある日、模試を受けその結果を見たとき、気持ちが揺らいでいることが原因で、すごく成績が落ちていました。すると高田先生と深井先生が相談にのってくれました。「最終的に決めるのは自分。だからいっぱい悩んでどうしても行きたいと思う高校を選べばいい」という言葉をくれました。本当にうれしかったです。私はその日から、今まで以上に頑張りました。結局、私は志望校を変えましたが、2人の先生が応援してくれたので気を抜くことなく最後まで頑張ることができました。合格発表の日。私はずっとドキドキしていました。緊張しながら見ると、見事自分の番号が書かれていました。その瞬間、私は声を上げ、一緒に来ていた友達と抱き合ってしまいました。最後まで頑張ってよかった、とやっと思うことができました。
 私は「勉強をもっと早くしていればよかった」と何度も思いました。しかしいつまでもクヨクヨしていてはダメだという気持ちがあったので、断ち切ることができました。それも塾の先生方のおかげです。先生方の言葉や、志望校を決めたときに高田先生が言ってくれた「決めたのは自分だから後悔してはいけない。でもその悔しいと思う気持ちを次に生かせばいい。」という言葉に励まされたからです。それらの言葉があったからこそ、今があるのだと思い、とても感謝しています。だから私は今は全然後悔していません。逆に、この高校を受けて良かったとも思っています。私はこの感謝の気持ちを先生方にお返ししたいと思っています。だから私は、今からたくさん勉強します。そしてもう2度と悔しい思いをせずに行きたい大学へいこうと思っています。また3年間、よろしくお願いします。

入善高校普通科合格 K・M

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私が志望校を魚津高校に決めたのは3年生の夏休みごろでした。そのころはまだ、受験ということをただ漠然と考えているだけで、家や学校でもあまり受験を意識して勉強していませんでした。このままではダメだと思い、私は夏期講習から塾に入り始めました。塾に入るまでは、定期テストが近づくと勉強するだけで自主的な勉強はほとんどしていませんでした。しかし塾に入って、高田先生や深井先生、林田先生が熱心に教えてくださったおかげで、勉強の楽しさを知り、徐々に勉強する習慣がついてきました。私の苦手な教科は数学です。私はこの苦手な数学を克服しなければならないと思っていました。しかし、そう思っていてもなかなか苦手な数学から逃げてしまっていました。しかし、冬休み前の模試の数学の点数を見て、今までの甘い考え方ではいけないと思い始めました。そのころから私は本気で数学を克服したいと思うようになりました。それからは数学に重点を置き、家や塾でも数学を克服するために頑張りました。積極的にわからない問題を先生に質問して、理解できるように努力しました。その甲斐あって、今まで解けなかった問題も解けるようになり、数学を楽しいと感じるようになりました。受験当日はあまり緊張せずに落ち着いて受けることができました。それは今まで頑張ってきたことで、自信をもって受験に臨むことができたからだと思います。私が無事志望校に合格することができたのは、家族や両親、塾の先生方の支えがあったからだと思います。この受験を通して、私は本当にたくさんの人たちに支えられているということを実感しました。そのような人たちに対する感謝の気持ちを忘れずに、高校生活を送りたいと思います。

魚津高校普通科合格 M・U

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は3年生の春から塾に入りました。僕は2年生までは部活のことばかり考えていて、勉強にあまり集中できず、家でも宿題をすればそれでいいと思っていました。でも塾に入って、周りのみんなが頑張っていることに気づいて、僕も頑張らないといけないと思いました。そして家でも勉強できるようになりました。塾の先生の授業はわかりやすく、塾では予習をするので、学校の授業がよくわかるようになりました。僕はあまり質問をすることができなかったけど、質問をしたときは、いつも優しく、わかりやすく教えてくださいました。
 僕は、どの高校を受けるのかを最後まで悩みました。学校の先生には「内申が悪いから心配」と言われました。でも塾の先生は「自分が後悔しないよう、いきたい高校を受ければいい」と言ってくださり、挑戦することに決めることができました。そして入試本番。すごく緊張したけど、自分の解ける問題はしっかり書くことができました。3月19日、合格発表。すごく心配だったけど、自分の受験番号があったときはすごくうれしかったです。塾の先生を信じて本当に良かったなと思います。すごく感謝しています。今まで支えてくれたたくさんの人に感謝したいです。

桜井高校普通科合格 T・H

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は小学4年生の時にアルファに入り、6年間ここで勉強してきました。そして今に至るまでたくさんのことを学び、たくさんの先生方とも関わってきました。その先生方全員に今、感謝の気持ちを伝えたいです。3年前、「受験なんて、今関係ないし」と思っていました。確かに3年もあとの話ですが、そう思っていたことを、3年生の冬にやっと後悔し始めるようになりました。3年生になって焦り始めた僕は、できるだけ毎日塾に通うようにしました。しかし、1,2年の内容を思い出せず、とても受験が不安になり、勉強に手もつかないこともありました。そんなとき、深井先生や高田先生がアドバイスをくださったりして、やる気が出てきた僕は、1つの音楽と出会いました。「Base Ball Bear」の「Changes」という曲です。それにはこのような歌詞があります。「Changes さあ変わっていく さよなら古い自分」この歌詞を見たとき、まるで何かが自分の中ではじけた音がし、「絶対に受かるんだ」という強い信念が生まれました。それからはゼミも全て出し、入試の過去問を繰り返し、とても充実した内容の勉強ができました。そして強い自信をもって入試に臨むことができました。当日、1限の社会のテストで躓くことなくスムーズにすべての問題を解くことができました。勢いというものはすごいもので、その次の国語・理科、2日目の英語・数学でも自信をもって「これなら合格できる!」というほどうまくいきました。そして合格発表の日。午前中不安だった僕はスマホを片手にその心の内を友達にメールで送りました。すると「お前なら大丈夫!」という返信がいくつもきて、本当に後押しされました。高校に着き、合格発表まであと10分になったころ、頭の中であの曲がまた頭の中に流れました。そして数字が張り出されました。ダッシュでそこまで行き、2秒で自分の数字をみつけ、声にならない喜びが込み上げてきました。自分が変われたことに驚きも感じました。今、僕を支えてくれた先生方に本当に感謝しています。本当にありがとうございました。 

中部高校普通科合格 T・H

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は最初、どの高校へいこうか迷っていました。桜井高校へいって大学進学に備えて勉強するか、入善高校か泊高校へいって成績上位を維持するつもりで頑張るか、迷っていました。しかし、そうしている間も勉強の方はだんだんと難しくなっていき、それにつられてだんだんわからなくなっていきました。テストの点数も次第に悪くなっていきました。そんな中、親や学校の先生、塾の先生などたくさんの人に助けてもらいました。自信をつけてくださったり、わからないところを教えてくださったりと優しく助けてもらいました。塾では、深井先生や高田先生、林田先生が私のわからないところを教えてくださったり、勉強のアドバイスをしてくださったりと、たくさんのことを熱心にしてくださりました。塾で頑張ったことはとても力になり、大変なこともあったけれどそれを乗り越えた今、達成感を感じることができるのは塾のおかげです。お父さん、お母さんはいつも「勉強しなさい」と言っていて、うるさいなと思ったこともあったけど、今では、言ってくれなかったら合格できなかったと思います。両親が納得するほど勉強できなかったのはとても心残りです。私は、両親も、そして自分自身も「勉強しきっていない」と感じている分、大学に向けてしっかり頑張って勉強していこうと思っています。中学でしてしまった失敗を2度としないつもりです。これからも大変な試練が待っていると思いますが、くじけず自信をもって乗り越えていきたいと思います。ここまでこれたのは周りの人たちのおかげなので、感謝したいです。

入善高校普通科合格 M・S

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は高専の一般試験を受ける前に一度、推薦で落ちてしまっていました。そのことを引きずってしまっていたのと過去の入試問題を解いていると今まで取り組んでいた県立の入試問題よりも難しい問題がたくさん出てきたことがあり、ギリギリまで本格的な受験勉強をしていませんでした。でも高田先生に「何点ぐらい過去問でとれてるの?」と聞かれ、「今の点数では合格は難しい、できるだけ塾に来てわからないところをとにかく聞いて繰り返し解いて!」と言われました。それから私は本格的に受験勉強をはじめました。高専の問題は難しくて解説を見てもわからないときは家ではお父さんやお母さんに、塾では先生方に教えてもらいました。特にお父さんにはいつもは勉強をみてもらうことはなかったけど、今回は「わからないところがあったらいつでも聞きに来ていいよ。」と言わてとても嬉しかったです。私は英語が苦手だったので英語を何回も繰り返して解きなおしました。そして本番の日になって試験を受けると、今まで塾の先生、お父さん、お母さんに教えてもらったところがたくさん出ていて、スラスラ解くことができました。家に帰って見直しをしてもよい点数をとれていてホッとしました。合格発表の日、学校の先生から「おめでとう」と言われたときはすごくうれしかったです。塾の先生や両親に感謝したいです。

富山高専物質化学工学科合格 F・B

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 僕は英語が苦手で、テストでもよい点数がとれずに悩んでいました。そこで3年生の冬休みにアルファに入りました。最初のころはなかなか雰囲気になじめずに苦労していました。でもアルファの先生方がいろいろと話しかけてくださり、どんどんなじめるようになっていきました。アルファの授業はわかりやすく、理解しやすかったです。僕の苦手な英語は高田先生の丁寧でわかりやすい説明で少しずつ理解できるようになったし、得意な社会はもっとできるようになりました。深井先生の言っていた「数学は楽しんで解く!」という言葉を聞いて、今までの数学の問題を解く解きの心意気が変わりました。これらの授業とテストでどんどん実力がついていきました。そして入試本番でも実力を出し切ることができ、合格することができました。僕にたくさんのことを教えてくれたアルファの先生方や僕を支えてくれた家族のおかげで合格することができたと思っています。僕はとても感謝しています。そしてもっと早くにアルファに入って受験勉強を頑張っていればよかったなという後悔もありました。こらから受験勉強をするみなさんも、悔いのないように頑張っていってください。

入善高校普通科合格 Y・K

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 中学校での3年の生活が終わり、とても悔しい思いの数々が頭から出てきました。勉強中心のことです。1年生のときは、成績に頭を抱えさせられ、自分でも勉強法を変えるのに大変でした。入学した時から頑張っていればもう少し上の高校へ入れたかもしれないのです。塾で勉強していても集中力がもたず、この時の自分は努力することの大切さを知りませんでした。しかし、3年生になり、受験がどのようなものなのかを叩き込まれました。少しでも自分自身に甘えが出そうになったときは、春の合格発表で合格した時、不合格だった時を考え、合格するためにしっかり頑張るんだと自分自身に言い聞かせて頑張りました。1年生の時の倍は努力できたと思います。合格発表が終わり、合格できた自分に対して嬉しい気持ちと不満な気持ちもあります。中学校で3年間甘えてきたことに対してです。「こんな自分に合格という幸運があっていいのか?」ということです。この運は塾の先生方が与えてくれたものだと思います。この幸運にしっかり感謝して高校でも頑張りたいと思います。3年間、厳しく叱りながらも教えてくれた深井先生、2年間、勉強の大切さを叩き込んでくれた高田先生、そして1年間、悪いところをしっかり注意してくれた林田先生に思いを込めて「ありがとうございました」と言いたいです。これからもがんばるのでよろしくお願いします。

泊高校普通科合格 T・K

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 入試1日目の最初の社会は僕の得意教科です。そして開始のチャイムがなりました。しかし、緊張と不安で全然問題が頭に入りませんでした。しかし、その時、僕の頭の中に、このアルファ朝日校に入ってからの約8カ月が入ってきました。そうすると急に分かるようになりました。そしてその後も楽しんで解くことができました。3年生の夏期講習からの短い期間でしたが、アルファに入って、僕の勉強に対する姿勢も変わり、成績もよくなっていきました。最初は一問一問解いていくのがとても苦しくて頭が痛くなりそうでした。しかし深井先生の「楽しんで解けるようになると伸びる!」という言葉によって問題を少しずつ楽しんで解くことができるようになりました。そして最初のころは模試などでとても情けないミスや解けるはずの問題が解けずに10点くらい点数と落していたのが、高田先生のおかげでミスも減り、目標点数に近づくことができました。そして何よりも、父と母の支えと、姉の怖くて厳しくて優しいアドバイスのおかげでここまでくることができました。この3つが、自分に自信が持てず焦っていた僕に、自信と勇気と実力を与えてくれました。そしてこの3つが合格という結果を僕にもたらしてくれました。夏期講習からの短い期間でしたが、その短い期間で僕は少しだけ変わることができました。今まではどんなことでもすぐにあきらめていたけど、もっと頑張って挑戦しようという気持ちになることができたのです。僕は今までの人生の中で一番勉強したと思います。その中でつらいことや苦しいこと、大変なことなどに押しつぶされそうになりました。でもそんな時こそ、一つ一つ楽しんで、よく見直しをして問題を解くことに努めました。そしてその苦しかった時間が力になりました。これからの高校生活でも辛いことはたくさんあると思います。でもアルファで学んだことや感じたことでそんな困難も楽しんで乗り越えていきたいです。次は大学です。頑張ります!

魚津高校普通科合格 T・K

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

 私は1・2年生の時にもっと勉強しておけばよかったなとすごく後悔をしています。「部活があるから」を理由に勉強していなかった自分が今になっては信じられないです。アルファに通うようになってからは、合格するために毎日計画を立てて勉強すると、今までにとったことのない番数をとることができて、いきたい高校への道のりが近づいた気がしました。受験勉強は、もっと早めにコツコツするべきだったなと今は思うし、これから受験を迎える後輩たちに一番伝えたいことです。苦手な教科から逃げたり、後回しにすることはよくなかったと、とても反省しています。
 受験を通して、たくさんの人に支えられているんだなと改めて感じることができました。できないことをできるようにしてくれた塾の先生方や学校の先生、毎日言葉をかけてくれた家族には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。そしてこのアルファに入ってよかったなとすごく思っています。受験は、自分を強くしてくれました。苦手を克服しようと頑張る自分がいました。逃げずに努力していきたい高校を目指してよかったです。合格することができた喜びは一生忘れません。こらからも、常に何事にも全力で、今までのような後悔がないように、どの教科もしっかり勉強して充実した高校生活を送りたいです。最後に、面白くてわかりやすい授業をしてくださった高田先生、時には厳しく時には優しく教えてくださった深井先生、わからないことがあると、わかるようになるまで教えてくださった林田先生には、すごく感謝しています。合格することができて恩返しできたかわかりませんが、これからももっと恩返しできればいいです。受験という厳しい試練を乗り越えることができて良かったです。後輩たちには、後悔しない勉強をしてほしいと思います。そしてたくさんの人に「ありがとう」を伝えたいです。

入善高校普通科合格 K・Y

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif



平成25年度大学合格実績

おめでとう!

今年は「心配・・・」と言いながらも本番ではしっかり落ち着いて頑張ってきたなと感じる、とても頼もしい子たちが多かったように思います。それでも第一志望の大学に合格することはなかなか難しいと、また大学入試について、そしてその指導についていろいろと考えさせられる一年でした。

平成25年度大学合格実績(朝日校)

sakura.JPG 新潟大学    sakura.JPG 法政大学    sakura.JPG 金沢工業大学

sakura.JPG 金沢学院大学  sakura.JPG 富山短期大学  sakura.JPG 神奈川歯科大短期大学部
sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

僕は中1の4月から、高3の3月まで約6年間アルファに通い続けました。その中でも思い出に残っているのは、合宿と晦日特訓です。合宿では、特に大きなイベントがあったわけではないですが、学校とは違い、解放感がある宿泊というのは新鮮でした。高田先生と初めて会ったのもこのときです。他校生との共同合宿ということでドキドキしていましたが、実際、東部から参加した生徒は3,4人しかおらず、交流もほとんどなく、記憶に残ったのは、やけに背が高く社会マニアな先生だけでした。晦日特訓に関してはほとんどの人が経験済み、あるいはこれから経験すると思いますが、正直辛かったです。けれど、みんなとがんばっているのだという気持ちが後押ししてくれ、終わった時には、大きな達成感と「自分は12時間もがんばったのだ。」という自信がついていました。

もうお分かりだと思いますが、僕の母校、アルファ朝日校はかなりアットホームな学習塾です。土曜の昼間はパズル道場で小学生が元気に叫んでいます。関西弁で陽気な高田先生は怒ると怖いです。物静かでいつも優しい林田先生。朝日校の真のボス、深井先生、率直でストレートなアドバイスは胸に刺さりますが、勇気をもらえます。悩みも笑い飛ばしてくれます。僕がこのアルファで6年間学び続けてこれたのは、そんな先生方が親身になって支えてくださったからだと思います。

これから高校、大学受験を控える皆さんへ僕が受験を通して学んだことを伝えたいと思います。

まず、先生、共に頑張る友人を信頼することです。受験に挑む友人たちはライバルであり、仲間です。わからないことも互いに教え、助け合うことで成長できるはずです。経験豊富な先生方を頼るのもとても大事なことです。アルファの先生方は信じてついていったら必ず応えてくれます。

次に、努力することです。「自分はこれだけがんばったんだ。」と胸をはれるだけの努力をしてください。努力は自信につながり、自信は成果につながります。

努力してきた自分、支えてくれる周りの人々を信じることが、成功のためには必要なのです。

僕は大学の2次試験のとき、自信が持てず不安いっぱいでの受験になり、とにかく焦ってしまい、解けるはずの問題も落としてしまいました。実力を出し切るためには、自信が不可欠であり、自信を得るための努力が何より重要なのだと思い知りました。

すぐには結果が出ないかもしれませんが、努力して進んできたことに間違いはありません。その積み重ねてきたものが最後には成功につながります。未来の受験生のみなさん、自分の道を信じて支え、助け合う人々と共に歩んでいってください。

新潟大学経済学部合格 T・N

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif 

私が金工大を受験しようと思ったのは、夏に受験校を考えているときでした。大学に見学に行きお話を伺ってみて、自分のやりたいことがこの大学に合っていると思い、受験を決意しました。まず最初は推薦で受験しました。学校で面接と志望理由書を書く練習をたくさんして本番に臨みました。結果は残念ながら不合格でした。ここで落ち込みもしましたが、次の一般試験で合格しようと決意しました。一般試験目での勉強期間は約3か月でした。私は他の受験生に比べ勉強量が少なかったので、学校での学習支援は塾に行く日を増やしたりして受験に向けて勉強を始めました。途中、学校の先生にキツイことを言われ、何度かくじけそうになりました。ですが、あきらめず本番まで必死に勉強しました。本番では受験生の人数がとても多かったですが、緊張せずに受験することができました。そして無事に合格することができました。私が合格できたのは自分の努力だけでなく、学校の先生方や塾の先生方、両親の支えがあってこそのおかげである思っています。恥ずかしいのでなかなか口にすることはできませんでしたが、とても感謝しています。大学に行っても、先生方から教わったことを大切にし、これから自分の夢へと歩んでいこうと思います。

金沢工業大学工学部合格 T・N

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

私は推薦でこの学校を受験しました。試験は小論文と面接だったので、アルファでは小論文を添削をしてもらいました。また、推薦でダメだったときは、一般入試の国語を受けようと考えていたので、国語のプリントをたくさん解きました。試験当日は緊張しましたが、小論文は何度も練習してきたので、時間内に最後の行数まで書くことができました。面接でもしっかりと質問に答えることができました。小論文を書くコツや面接のポイントなどを進路説明会の時に聞いたのがとても役に立ったと思います。私は、落ち着いて試験を受けるためには、練習をたくさんして、自分に自信をつけることが大切だと、今回の試験を通して感じました。これからの大学生活はとても忙しくなると思いますが、勉強を疎かにせず、充実した大学生活を送っていきたいです。

富山短期大学経営情報学科合格 N・S

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

僕は金沢学院大学に推薦入試で合格しました。僕がこの大学を目標としたのは高3の春でした。僕はスポーツが大好きなので、スポーツのことをより詳しく学びたいと考え、スポーツ学部がある大学に進学したいと思ったのがきっかけです。スポーツ学部がある大学をいくつか調べ、いろいろ悩みましたが、最終的に決めたのはオープンキャンパスに行ってからでした。金沢学院大学のオープンキャンパスで受けた模擬授業はとても興味深く、楽しかったです。また、自分の身体能力を測ったり、メンタルトレーニングなどの授業は今まで受けたことがなかったのでとても興味を持ちました。僕は推薦入試だったので、面接の練習を中心に行いました。毎日たくさん練習しました。最初は面接なんて余裕だと思っていましたが、、面接の練習は必ずした方がいいと思います。そしてより多く練習した方がいいです。なぜなら、練習しなかったら、おそらく大失敗していただろうと思ったからです。今回の受験で改めて仲間や家族、自分の周りにいるたくさんの人たちの大切さを知りました。一人では決して受からなかったと思うし、途中であきらめていたと思います。これからももっと勉強して、意味のある4年間にしたいと思っています。

                                                                          金沢学院大学スポーツ健康学部合格 S・S
sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif

私はアルファに入ってから6年となります。中学生のとき、深井先生のご指導の下、無事に入善高校に入学することが出来ました。その後、高校では私はすぐに剣道部に入部しました。部活で忙しく、塾に来られないことがあっても先生は怒らず、前向きにみんなの勉強に追いつくように私に授業をしてくれました。高3になり、忙しかった部活が終わってしまい、周りは一気に受験モードに入っていきました。私も遅れまいと思い勉強をし始めましたが思うように成績が伸びませんでした。基本的なことを全く覚えていなかったことが原因だと気づいたときは皆に追いつけないところまできていました。しかし私は、志望校を決めたころから暇さえあれば参考書に目を通し、時間があればアルファへ行き勉強しました。ここまで頑張ってできたのは部活を3年間頑張ったおかげであり、アルファで勉強したおかげである、と思っています。私は高校という場は、勉強を学びに行くという場だけではなく、何かに3年間取り組む場だと考えています。これから受験をむかえる後輩たちには、何か一つでも自分の一生懸命になれるものを見つけて取り組んでほしいと思います。そうすることで、3年間一生懸命頑張った経験が大学受験の励みとなり、大学受験の思い出と共に一生の宝となると思います。大学受験・高校受験、どちらもとてもつもなく緊張します。しかし、苦労してしてきた勉強は本番で大きな力にきっとなります。そのために今を大切に頑張ってください。

金沢工業大学情報フロンティア学部合格 S・M

sakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gifsakura_line1.gif 



12/13 冬期講習を振り返って

                               ye_028A.jpg                                ye_039A.jpg

中1男子
 僕がこの講習会を終えて気づいたことはたくさんあります。まずは、家庭での勉強時間がとても増え、自分から進んで取り組めるようになりました。
さらに、塾で習ったことを家に帰ってノートにまとめたりして、後から忘れてしまってもまた見直しをして思い出すなどして、しっかり勉強することができるようになりました。これからの勉強はもっと難しくなってくるし、点数も低くなってしまうかもしれないので、復習だけでなく予習も進んでチャレンジしていきたいと思います。

中1女子
 私はこの冬期講習で学んだことがいくつかりました。1つ目は、国語の文章問題があまりよくないことと、漢字をもっと練習した方がいいということです。2つ目は、数学の割合がよくわかっていないことがわかったことです。数学は得意な教科だと思っていたけど、まだまだ分かっていないところがあると思うので気をつけたいです。

中2男子
 僕は冬期講習会で、長い時間勉強するための集中力が、まだ足りないことと苦手な問題が多いということを学びました。苦手だなと感じたのは主に数学です。1つの問題が解けても、違う形になると出来なくなったり、苦手な問題を克服したと思ってもまた新しい苦手な問題が出てきました。3学期に入っても長い時間勉強をして集中力をつけること、家庭学習もできるようになること、そして苦手な問題は先生に聞いて1つずつでも苦手をなくしていくことを頑張りたいです。

中2女子
 私は冬期講習を終えて、問題をじっくりと考える時間が増えたなと思いました。今まではわからない問題があったらすぐにとばしていたり、あきらめたりしていたけれど、じっくり考えたらわかる問題が沢山ありました。特に数学では苦手な1次関数の問題を時間をかけて考えたら解けた問題がいくつもあり嬉しかったです。これからはもう少し短い時間ですぐに解き方がわかるようにしていきたいです。

中2女子
 私はこの冬期講習で英単語をちゃんと覚えていないなと感じました。英作文をきちんとできないのは単語の使い方・読み方・意味などを覚えていないからだと気づきました。まだまだわからない単語が多いので、3年生になるまでにはなるべく多くの単語をちゃんと覚えられるように頑張りたいです。塾だけでなく家でも勉強して英作文ができるようになりたいです。

中2男子
 冬期講習会を終えて自分が気づいたことは、ケアレスミスの多さです。例えば数学を解く際、気持ちが焦ってちょっとした計算も間違ってしまうときがありました。これは塾だけでなくテストでもありました。だからこれからは一問一問丁寧に解き、焦らず落ち着いて取り組もうと思います。そして、テストの時は最後まで気を抜かず、しっかり見直しをしていきたいと思いました。

中2女子
 この冬期講習で、英語・数学・国語をやってみて、たくさん自分に足りないところを見つけることができました。英語は少し長い文になると自力で作ることが上手くできませんでした。しいがぃでじゃ1次関数の基礎が自分で思っていたよりもできなかったです。国語は文章問題にすごく時間がかかってしまいました。私は今年受験生になるので、この冬期講習で見つけた理解できていない部分を、しっかり復習しようと思っています。

中3女子
 私は冬期講習で晦日特訓や毎日1時から5時半までの長時間勉強で、家での勉強時間を見直すことができました。いつも家ではテレビをみたりしてダラダラしてしまいがちだったけど、この冬休みは勉強をする時間が増え、受験に対する意識が高まったと思います。この講習で学んだことや晦日特訓で鍛えた集中力をこれからの受験勉強に活かしていきたいです。

中3男子
 僕がこの冬期講習会を終えて感じたことは、得意の分野と苦手分野の正解数の差が激しかったことです。受験に向けてこの差を少しでもなくしていかないといけないと感じています。これからは苦手な分野は何度も繰り返して時間をかけてやっていき、得意な分野はもっと伸ばせるようにしていきたいです。、また、晦日特訓で覚えたことも忘れないように何回も復習して、入試で後悔しないように勉強していきたいと思っています。

中3女子
 冬期講習は主に1年生から今まで習ってきたことの復習でした。「簡単!」と思って取り組み始めましたが、やっていくにつれ全然できないところが増えてきて、ショックを受けました。苦手だと感じるところもたくさんあり、少しずつ焦りも出てきました。でも晦日特訓を受けたおかげで苦手な分野が明確になったのでそこを中心に勉強していきたいと思います。今回学んだことや感じたことを忘れないで受験勉強を頑張っていきたいです。

中3男子
 この冬期講習会では、年末年始や日曜日を除いてたくさん勉強しました。特に数学の証明問題では1問に20分以上の時間を使ってじっくり考えた問題もありました。時間がかかってしまったけど、とても充実した講習になったと思います。受験に向けてこれからが最後の頑張りどころなので、気を抜かずにしっかり勉強したいです。そして絶対に志望校に合格したいです。

中3女子
 私は冬期講習を受ける前から29日の特訓がとても楽しみで、当日も1000問中900問以上正解したいと思っていました。でも結果は800問いかないくらいだったので残念でした。この冬期講習では特訓の日以外もとても頑張ることができてよかったです。特に特訓ではっきりわかった自分の苦手な分野をこれからは重点的に勉強していきたいと思っています。また、冬のワークを何回も使い、入試までに苦手をなくしたいです。



12/13 年末特訓

              school19.JPG                  fuyu0440.JPG  

中3男子
 僕は1000問チャレンジをやる前は、やりたくない・面倒くさいとしか思っていませんでした。でも、実際解いてみて、わかる問題が増えているのを実感して嬉しかったです。また、スラスラと解けた時は楽しかったです。この1000問チャレンジを終えたときは、とても達成感がありました。「1000問も解いたんだ」と思うととても嬉しかったです。充実した時間を過ごすことができました。これからも入試に向けて日々の勉強を大切にしたいです。

中3男子
 今回、1000問の問題(実際はもっと多い・・・)を解くにあたって、初めは地獄のようなものだと思っていました。でもやってみると意外と集中することができ、普段の勉強のおかげではないだろうかと思いました。内容は理科がボロボロでした。苦手を改めて確認することができたので今後の勉強の役立てたいと思います。また、理科に限らずすべての教科で、間違えた問題をしっかり見直し、次はできるようにしたいです。

中3女子
 年末特訓が始まる前、私は「きちんと終わらせることができるだろうか、修了証をもらえるだろうか」とすごく不安でした。でもだんだん問題を解いていくうちに難しい問題もあったけれど、塾に入った当初と比べると解けるようになった問題が多くなった気がしました。時間が経つのがとてもはやく感じられたことが私の中では一番良かったことだと思います。点数が悪かった部分や、忘れていたところはしっかりチェックして入試までにできるようにしたいです。

中3女子
 1000問チャレンジをやって、漢字や基本英文など自分の得意なところはほとんどできた。しかし、自分の苦手だと思うところは全くといっていいほどできずにすごく差ができていた。こんなに差がひらくとは自分でも思わなかった。これからは自分の苦手なところを少しでも克服できるようにしたい。受験までもう少しなので、気合を入れて毎日少しずつでも頑張っていきたいと思う。

中3男子
 今回、1000問チャレンジをして、まず「きつかった?」と思いました。朝9時?夜9時まで勉強したのは初めてだったので、やっぱり疲れました。でも終わって「よかった?」という達成感もありました。結果は苦手な科目が全然点数がとれていなかったです。今日はたくさん勉強して、少しは力もついたと思いますが、苦手をなくすようにもっとしっかり勉強したいです。

中3女子
 最初は1000問も解くことは絶対できないと思っていました。でもずっと思っているだけでは時間の無駄なので、「やるなら全力でやろう」と心に決めて取り組みました。好きなところもあれば苦手なところもあり、とても大変でした。でも思ったよりも早く全部終わらせることができました。苦手な部分が明確になったのがとてもよかったです。1000問解き切ったことと、長時間勉強したことを胸にしまって、受験までの残りの時間が充実したものになるように過ごしたいと思います。



2012 高校見学会 【12/15(土) 魚津高校】

2012 .jpg

今年も中2生の子供達と魚津高校まで行ってきました。

みんなたくさん刺激を受けたようで、

「来年はいよいよ受験生だ!」という気持ち(気合い)が伝わってきます。

今の気持ちを忘れず、しっかり勉強してほしいです。


1.jpg   2.jpg 

今回の見学会で、魚津高校はすごく広いことがわかりました。広すぎで迷子になりそうでした。魚津高校は体育館がたくさんあり、設備も整っているのがとても印象に残りました。僕は魚津高校を目指しているので、これからはさらに気合を入れて勉強し、魚津高校に入りたいと思いました。この見学会で、目指している学校をよく知ることができてよかったです。

私が見学会に参加して一番驚いたことは、校舎の広さです。朝日中は校舎があまり大きくないで迷子になることがありませんが、魚津高校はとても広く、トレーニングルームやギャラリーなど楽しい場所がたくさんあり、すごくいいなと思いました。部活動の見学で気になったのはダンス同好会です。キレのあるダンスをしていた高校生の人たちはすごくキラキラして見えました。私も高校生になったらきれいな校舎で高校生活を堪能したいです。

 

今日、魚津高校を見学して思ったことは、高校は中学よりも勉強時間が多いので大変そうだなということです。でも、部活動や行事も多く、とても楽しそうだなとも思いました。この見学会で中学校とは違うことがたくさんあることを知り、来年の受験までしっかり勉強して、楽しい高校生活を過ごしたいと思いました。

私はこの見学会で、魚津高校生は部活動も勉強も両方集中したやっていてとても驚きました。驚きだけでなく、すごいなと思ったのは、部活動を見学しているときです。吹奏楽部や卓球部、ソフトボール部など、みんな楽しそうにしていました。私たちの学年では「部活に行きたくない」と言う人たちもいるので、魚津高校の人たちのように楽しんでやれればいいなと思いました。

今日初めて高校の中を見学して、説明を聞きました。中学校とは違うところがたくさんありました。高校は7限まで授業があり、たくさん勉強したり、多展開授業があるのはとても魅力的でした。勉強と部活の両立は大変そうだけど、頑張りたいと思いました。

私が魚津高校に見学に行って思ったことは中学校とは全然違う場所だなということです。部活動がたくさんあり、また部活動と勉強を両立している人が多いということもすごいなと思いました。学習室や図書館など、学習できる環境がとても整っているなとも思いました。私は今回の見学会に参加して、高校という建物の内部とみることができ、とても刺激になりました。これからも苦手は科目や単元から逃げず、しっかり克服できるように努力していきたいです。


2012 夏期講習

今年は雨がほとんど降らず、気温が30℃をこ超える日々が続いた中での講習でした。 natu1.JPG

それでもみんなバテることなく?しっかり頑張ってくれました。

それぞれが有意義な講習にしてくれたようで、子供たち一人一人の成長を感じることができて嬉しい作文になっています。

是非読んでみてください!!!

 

僕は初めて夏期講習に参加しました。一番頑張った教科は数学です。文章問題や図形など苦手だったところもわかってくるとどんどん楽しくなっていきました。少しずつですが、もったいないミスも減っていったのでよかったと思います。英語は単語テストの点数があがってきまいした。もっと家でも練習して復習していきたいです。

 

夏期講習で私は漢字を一番頑張りました。漢検もあったのでとてもたくさん練習しました。私は漢字がとても苦手だけど、私なりに頑張ったと思います。それに中学校に入ってからは小学生のときよりも漢字は書けるようになってきていると思います。漢検は絶対に受かっていてほしいです!

 

私はこの夏、4回目の夏期講習でした。今回はいつもと違って、英語と数学だけを中心にみっちりやったなと感じています。その中でも私は英語がしっかりできたと思います。理由は、ノートに1回書いて、間違えたところを何度も練習し、完璧に覚えてからテストをしたからです。おかげで全問正解がほとんどで嬉しかったです。また、国語の文章問題もすぐに正答を出すことができるようになってきました。これからもこの夏期講習で学んだことを活かしていきたいです。

 

夏期講習を振り返って僕が思ったことは、英語を特にしっかり復習できて充実した夏だったということです。前から苦手だった過去形と過去進行形の使い分けや、mustとhave toの区別がしっかりできて、実際に学校のテストではそれなりに手ごたえもありました。自分の能力をしっかり伸ばすことができた夏期講習になってよかったです。

 

私はこの夏期講習で数学の今までわからなかった問題が少なくなったと思います。今までは前に習ったところは復習をする時間があまりなくてわからないままだったところが結構ありました。それがこの夏期講習でやる時間があり、わからないところや苦手な問題にじっくり取り組むことができました。忘れているものも思い出すことができてよかったです。

 

夏期講習で僕は、「なんとなく知っている、わかる、できる」ことを「なんとなく」にせず、一つ一つしっかり理解することを目標に頑張りました。問題を丁寧に解いて、解説もしっかり読んだことによって自分の考え方の違い、答え方のバリエーションを知りました。頭の中が柔らかくなった気がしています。これからも「なんとなく」をなくしていけるようにしたいです。

 

僕は数学を頑張りました。僕は国語が嫌いです。だから連立方程式の利用では文章を読んでいくうちに途中で分からなくなってしまいます。文章を読んで式を立てたり、いろいろな解き方をするのに苦戦しました。けれど夏期講習で頑張ったことで少しは分かるようになってきたと思っています。

 

僕は夏期講習を振り返って思ったことは単語テストでいい点を取ることができるようになったことです。僕は英語が苦手で今までの単語テストは25問中、4点や6点ぐらいしか取れませんでした。でも夏期講習で頑張ったことで、今は14点や16点くらいは取ることができます。最高では22点取ることもできてとても嬉しかったです。これからももっと練習して満点をとれるようになりたいです。

 

私はこの夏期講習で、「わからないところは理解するまで復習する」を目標にしました。5教科の中でも一番頑張ることができたのは英語です。時制パーフェクトチェックなども完璧になるまで何度も頑張りました。そのおかげで、今までわからないままにしていた問題が解けるようになりました。うれしかったです。

 

夏期講習をして思ったことは、どんな勉強でも「早くやればいい」というものではないということです。英語のプリントをするとき、その場で暗記してできたとしてもすぐに忘れてしまいます。しっかりとノートに練習して次につなげることが大切だと学びました。また、数学では、間違えた問題を解けるまで見直し、解きなおすことによって今まで間違えてきた理由を理解することができるようになりました。2学期もこの夏期講習で学んだことを忘れず頑張りたいです。

 

僕はこの講習でよかったことが2つあります。1つ目は嫌いだった教科が好きになったことです。例えば、社会では授業を聞いているうちに内容が分かってきて好きになりました。2つ目は、長時間の勉強に慣れていったことです。ほぼ毎日続けて4時間勉強していたので慣れたと思います。今後もこのようなことを活かして勉強していきたいです。

 

僕はこの夏期講習で合計100時間程度勉強しました。最初は毎日4時間も勉強しなければならないことに対して嫌になることもありました。面倒くさいと思うこともありました。でも、1週間、2週間と続けていくうちにキツイと思わなくなっていきました。そして、自分の苦手なところを見つけてそれを復習することで、もっと頑張ろうと思うようになりました。とても忙しかったけど、夏期講習のおかげで充実した夏休みになりました。

 

夏期講習を振り返ってみると、ほとんど毎日あったけれど、1・2年生の内容を復習することができたし今までわからなかった問題を理解して解くことができたのでよかったです。忘れていた内容は自分でもびっくりするくらいたくさんあって、夏期講習でだいぶ思い出すことができたのでこらからも少しずつ復習をしていきたいです。今まで、特に数学では、わからなかったらすぐにあきらめていたので、こらからはわからなくてもあきらめずに解こうと思いました。

 

僕は夏期講習を終えて、一番覚えることができたのが、社会です。歴史の流れを覚えないと入試では通用しないとわかりました。文化や外国との関係は苦手だったので、夏期講習前よりも得意になれてよかったです。また、頭にしっかり記憶するには、見るだけではなく何回も書くことが大切だとわかりました。



2012 パズル選手権 朝日大会
朝日校最強決定戦である、立体四目大会の決勝トーナメントには、以下の賞品を用意しました。

画像

1位?4位の生徒への賞品です。


画像

決勝トーナメント進出者全員への賞品です。


画像

優勝者への金メダルです。
・・・これまでの36年と338日の人生で、「一等賞」なるものをもらったことがないので、記念に自らかけてみました。





ちなみにメダルの裏面は、朝日校オリジナルキャラクターである、「アルファジャー」が!! 1720_20091002134617_11.gif

画像




ここから、立体四目大会の各予選と決勝の様子をアップしますが、


・・・似たような写真の連続になってしまう点のみ、ご容赦ください。

どの学年のどの生徒も、やっていることはみんな同じ「立体四目並べ」なので・・・・。


小学生 ?予選?

画像




中1・2生 ?予選?

画像



中3生 ?予選?

画像



高校生 ?予選?

画像



なんとなく、どの学年も楽しんでいる様子が伝わっていれば幸いです。(この写真だと、小学生が一番真剣に見えるかもしれません)


・・・そして、9/1(土)に行われた決勝トーナメント・・・。

この決勝トーナメントは、トーナメントである以上当たり前のことですが、各予選のときの「総当たり戦」ではなく、勝ち抜き戦、・・・つまりは一発勝負です。


組み合わせ抽選を行い、トーナメント表に選手名を書き入れていきます。(急いでいたので、全員ひらがなです)

画像



そして、対戦を始めるにあたっての諸注意。

画像



そして、時間の関係上、すぐさまトーナメント1回戦をスタート。

画像


画像



そのトーナメント1回戦では、いきなりの強豪選手同士、優勝候補同士の激突もありました。

画像


案の定、ほかの対戦が終わってから5分以上が経過しても決着がつかず、まさに息をのむ死闘が繰り広げられていました・・・


画像

上級者同士の対戦では、お互いにリーチ(正確にはイーシャンテン)を作りながら、相手のミスを待つ展開になることが多く、この2人の対戦も同様の試合運びになっていました。





この大勝負に負けたHくんは、本当に・・・・、かなり悔しかっただろうと思いますが、それが勝負というもの。

この悔しさを、次につなげていって欲しいと思います。





この長い激闘が終わったあと、

トーナメント2回戦と、5-8位、9-12位、13-16位決定戦を行いました。

画像



画像



お次は準決勝です。

画像



画像



画像


何と、決勝トーナメント最年少の小学3年生が、中学生と高校生に交じって、ベスト4に進出! 
惜しくも敗れましたが、大健闘と言って良いと思います!



・・・・そして、いよいよ、朝日校の最強決定戦である、立体四目大会の決勝戦。

画像


勝ち上がってきたのは、ともに中3生!


画像



息詰まる熱戦の結果、ついに決着のときが!

画像



優勝は、1回戦でHくんとの、あの激闘を制した、Sくん 



画像

そんなSくんに、「アルファ金メダル」を授与。

次いで2位、3位、4位の選手にも賞状と景品を授与しました。

画像


画像


画像



そして、立体四目大会の一番最後は決勝トーナメントに参加した16名の生徒との記念撮影。


画像


次回の朝日校最強決定戦の開催を楽しみにしていてください。

2012 中3夏期合宿

今年も8/10(金)・8/11(土)と「あこや?」で夏期合宿を行いました。

今年はバーベキューで流しそうめんなども行い、とても楽しく過ごすことができました。

 画像 画像 画像 画像

画像 画像 画像 

僕は今回の合宿で良い思い出や大変だった思い出ができました。良かったことは夜みんなで怖い話や面白い話をして盛り上がり夜更かししたり、バーベキューをしたことです。大変だったことは夜更かしをしてしまったために、テストでは眠くてしょうがなかったことです。合宿でしたプリントを何度も見直しをして、しっかり身につけたいと思います。 

 

私は自分の得意な教科や苦手な教科を集中的に学習し、知識を深めることができたのでよかったと思いました。またしっかり理解できていない部分や苦手な部分も新たに知ることができました。この合宿で学習した成果を活かして、残りの夏休みや受験までの学習に取り組んでいきたいです。そしてこの合宿の成果が受験で発揮できるように頑張りたいです。

 

僕は数日前まで合宿を「地獄」というふうにとらえていました。でも実際はそうでもありませんでした。たくさんの問題を解けたし、勉強以外にもみんなとたくさん話などもできてとても楽しかったです。学力が上がったかどうかはまだわからないけど、集中力は確実につきました。こらからもしっかり集中して勉強を頑張りたいです。


2012 小学生国語イベント 【もっと読トレ!】

title.jpg

4月26日(木)・5月24日(木)・6月21日(木)・7月19日(木) の全4回シリーズでしたが、

無事に終了することができました。

一番最後には読書感想文と、読トレに参加しての感想文を書いてもらいました。

一部ですが紹介したいと思います!

   2012-04-26-2.png    2012-04-26-1.png    2012-04-26-3.png   


?「そよ風ときにはつむじ風」を読んで?

私は「天ぷらそば、すき焼き、金魚」を読む前に、最初に題名を聞いた時、どんな話かなぁと思いました。最後まで読んでみると、「天ぷらそば」は駄菓子を食べたのにお母さんにウソをついた話。「すき焼き」はお父さんが最後に食べられなかったお話。そして「金魚」は良がお父さんに内緒で金魚屋から金魚をもらったらばれてしまい、最後にお父さんが糸ミミズをとってきて金魚にエサをやっていた話でした。私のその3つのお話のなかで「金魚」が一番好きです。金魚のエサをお父さんが探している場面を読んで「お父さんもたまには優しいときもあるんだなぁ」と思ったからです。でも、どのお話もとても面白かったので、続きがあったらまた読みたいなと思いました。

私はこの江戸っ子のお父さんは厳しい人なんだろうなと一番最初に思いました。「江戸っ子」は、きっちりしていて決まりが多く、お父さんはダメなことはダメとはっきり言う人だったからです。でも良はダメだとわかっていて、お父さんに怒られるとわかっていてもやっぱり悪いことをやってしまって結局怒られていました。こういう良の性格は面白いと思いました。3つのお話の中でお父さんはいつも必ず怒るのに、最終的に良を助けてくれます。お父さんがこんな風になるところはとてもいいなと思いました。そしてお父さんはとても怖そうに見えるけれど、本当はとても息子思いなんじゃないかなと思ったし、だからこそ厳しく叱ったりするのかなと思いました。

私は「天ぷらそば」が一番印象に残りました。このお父さんと私のお父さんを比べると、私のお父さんも怒ると怖いけれど、あとからは優しくしてくれるのでちょっと似ているなぁと思いました。そしてお父さんが私のために怒ってくれることで、私も成長することができているなぁ気がつきました。これからはお父さんに叱られたら、ふてくされたりせず、きちんと聞いて、自分のために直さないといけないところは直していきたいです。

初めに「金魚」という題名を聞いて、お祭りの話かなと思っていました。でも読んでみると全く違っていました。金魚屋から良がもらった金魚をお父さんが「捨てちまえ!」と言ったときは嫌なことをいうお父さんだなと思いましたが、翌朝金魚のための糸ミミズをとっているお父さんを私は本当は優しくていい人なんだなと思いました。私はよく、お父さんやお母さんに黙って宿題をやらないことがたくさんあったり、テストも点数が悪かったら言わないです。隠し事をたくさんしています。でもこのお話のお父さんの言葉に「みみっちくていけねぇ」とありました。私も自分の隠し事が「みみっちい」と思ってしまったのでこれからは隠し事はしないようにしようと思いました。

 

?「もっと読トレ!」に参加して?

 私はこの「もっと読トレ!」を終えて、少しだけ文章問題が得意になったような気がします。そして得意になっていくにつれて、文章問題もほんの少しだけ、楽しくなっていくような気がしました。参加して良かったです。

 私は国語が苦手でした。このイベントに参加する前はどんな文章問題も全然理解できなかったけど、アルファで少し勉強したら意味が分からなかったことが分かり始め、とてもわかりやすかったです。勉強中には、話を聞きながら笑ったり、面白かったりすることもありました。笑ったりしながら勉強をするのはとても楽しかったです。

 私はこの4回のイベントに参加して、文章問題が少しだけ好きになりました。そして読書感想文の書き方も理解できるようになりました。アルファにきて国語の点数が前よりあがったのでとても嬉しかったです。これからも国語だけでなくほかの教科も頑張りたいと思いました。

 



前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

▲ページトップ